庭に苗をたくさん植えるなら、穴掘りドリルがあると結構楽!

庭に竜の髭を植えています。

土が学校の運動場みたいに硬く、スコップ(移植ごて)を逆手で持って苗ポット大の穴をザクザク掘ってました。「掘る」というより「削る」という感じで、なかなか大変。

そんな時、以前杭の下穴を掘るのに使った穴掘りドリルを思い出す。
ポット苗を植えるだけなので大げさすぎるかな?と思いながらもを使ってみたら、なかなかはかどりました。

スポンサーリンク

どのぐらい捗るのか

※以下の内容は、硬めの土を掘る場合です。

スコップの場合


挿して、土を掻き出して、挿して、掻き出して、1穴50秒位

雪崩れてくる土を掻き出しながら掘るのが、ちょっとめんどうくさい。

穴掘りドリルの場合


回して、回して、回して、引っこ抜いて、1穴35秒位

ドリルを抜くと、底に多少土が雪崩れてきますが、穴自体は開いているので、苗を植える時にスコップで避ければOK。

結果

石が多く混ざっている土なので、1穴掘るのに結構時間がかかってます。

全部で、100ポット以上植える予定。
1ポットあたり15秒の差で、トータルの25分の短縮。
と考えると、そんなに時間の短縮にはなっていないですね。

他に感じたメリット

腰が楽

スコップは、ずっとしゃがんだ姿勢での作業になるので地味に腰にきます。

ドリルは、立ったまま穴を掘れるので、腰が楽です。

穴のサイズを揃えやすい

スコップの穴は大きさがまちまちで、たまに小さすぎて苗を埋める時に穴を広げなおすことも。

ドリルは一定の大きさの穴が開く。「刃の二段目まで掘る」などと決めておけば、深さも揃えやすい

コツらしきもの

先端が刺さる穴を開けておくと楽

ドリルは先端の尖っているところが土に刺さりきってから、刃が土に潜り始めます。

なので、硬い地面の場合、尖っているところがなかなか土に刺さってしまわず、掘り始めるまでに時間がかかります。

そこで、不要なドライバーなどを、ハンマーで叩いて穴を開けます。
そこにドリルの先端を差し込んで回すと、すぐに刃が土に潜り始められます。

ウチのドリルはハンドルがネジ留めなのでできませんが、
ハンドル一体型のドリルなら、ハンドルを木槌とかで叩いてドリルを挿すのもありかも。

腕の力で回すのでなく、足の力で回す

地面が硬いと、腕だけの力でドリルを回すのはなかなか大変。

そんな時は、

  • 脚を四股を踏んだ状態にして
  • 体を右足の上に持っていく。
  • そのまま、体を左足の上に移動させ
  • そのついでにドリルを回す。

を繰り返す感じ。

というわけで

支柱の下穴を空けるとき程の圧倒的アドバンテージ感はないですが、

立ったままの姿勢で、同じ大きさの穴を空けられるので
ポット苗を沢山植える時もなかなか重宝します。

※支柱の下穴を掘ってみた記事はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする