メンズだけど、ビルケンシュトック マドリッド EVA を買ってみた

奥さんがビルケンシュトックのサンダルを買いたいという事で、ビルケンシュトック 丸亀店へ行ってきました。

奥さんが店員さんに相談するのを隣で聞いていると、

ストラップが1本のマドリッドは、脱げないように力が入ることで、ふくらはぎのトレーニングになる

との事。

僕、「身につけてているだけでトレーニングになる」的なのに弱いんです。ナイキ フリーやビブラムのファイブフィンガーズも持ってました。

マドリッド買います!

スポンサーリンク

ちなみに

マドリッドとは

マドリッドは、1963年にBIRKENSTOCKが開発したサンダルの第1号モデルです。
ワンストラップで足をホールドする部分が少ないため、蹴り出すたびにかかとがフットベッドから離れ、足指は伸びて地面をつかもうとします。これら一連の動作はふくらはぎの筋力トレーニングとなり、足や脚部を自然に鍛えることができます。

カジュアルだけどシンプルで洗練されたデザイン。スタンダードなファッションアイテムとしても高く支持されています。

BIRKENSTOCK/ビルケンシュトック日本公式サイトより。

足の甲が広く露出するので、デザイン的にはどちらかというとレディース寄りに感じます。

タイプは

  • 通常 (メンズ、レディース)
  • 特別 (ストラップが異素材など) (レディース)
  • EVA (メンズ、レディース)

メンズの場合、通常版とEVA版の二択。
店員さん的には、やはり通常版を勧めたいようでした。

しかし、以前、ビブラムのファイブフィンガーズを買ったものの、履く時5本指を入れるのがめんどうで数回で履かなくなった経緯が。

なので、今回はお値段が安いEVAにしときます。

EVAシリーズとは

従来のビルケンシュトックのデザインはそのままに、軽量・耐水素材のEVAを使用し、デザイン性と機能性を兼ねそなえた万能アイテムです。
海や川などのレジャーをはじめ、これからのシーズン活躍間違いなしの1足です。EVAを履いて、楽しく快適な夏を。

↑より。

モデルは4種類

  • ARIZONA (アリゾナ)
  • MADRID (マドリッド)
  • GIZEH (ギゼ)
  • BOSTON (ボストン)

色は6色?

  • ブラック
  • メタリックカッパー
  • ホワイト
  • カーキ
  • メタリックグレー
  • ネイビー

公式ページには載ってませんでしたが、カモフラのアリゾナも展示してました。

奥さんにも見てもらって、色はブラックに決定。

履いてみて

サイズは

マドリッド EVAの展示はレディースサイズのみ。

店員さんに足のサイズを測って出してもらいました。
長さ的には26cmだけど、幅広の足なのでワンサイズ上26.5の方がいいと思うが

  • 26cm以下が、ナロー幅
  • 26.5cm以上が、レギュラー幅
  • 26と26.5は、感覚的に2サイズ分の差になる
  • なので、26.5だと少し大きすぎるかも?

との事。

試着してみて

26は、確かに横幅が窮屈。
26.5は、そんなに大きすぎることもなく、特に歩きにくくもない。

マドリッド EVA ブラック 26.5 購入決定!

しばらく歩いてみて

さっそく履き替えて、ゆめタウン高松に買い物に。

ちなみに、ムラサキスポーツとABCマートで、マドリッドEVAを見かけましたが、どちらもレディースサイズのみの陳列。

店員さんのベルト調整は一番締めた状態でしたが、しばらく歩いていると右足の甲が擦れて痛くなってきたので、一段緩めました。

以前、簡易足裏測定をして、「足の指を使えていない」との診断をもらった事が。
でも、帰宅して裸足で室内を歩いていると、普段より足の指で床を掴んでいるように感じます。歩き方の改善にいいかも?

あまり距離を歩いていないので、ふくらはぎの筋肉痛は特になしでした。

奥さんは

  • KORSICA (コルシカ)
  • ARIZONA (アリゾナ)
  • ALYSSA (アリッサ)
  • MADRID (マドリッド)
  • GRANADA (グラナダ)

に候補を絞り込んで、その中でもコルシカにかなり惹かれてたようですが、

  • アンクルストラップありは、子連れでバックルを付け外しするのが大変そう
  • マドリッドのデザインは好きだが、脱げやすそう
  • アリゾナは友達とかぶる

という事で、グラナダを購入!

というわけで

夫婦揃ってビルケンシュトック デビュー!

この夏は、歩き方改善とふくらはぎのトレーニングに励みます!

BIRKENSTOCK/ビルケンシュトック日本公式サイトはこちら

ビルケンシュトック BIRKENSTOCK 日本公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする