自転車ロングライド用にモバイルバッテリーを買おうと思うので調べてみた2

ロングツーリングでiPhoneを使いすぎて、行程の半分以上使えない状態に。それを解決する為、普通のモバイルバッテリーを調べてみました。

でも、世の中には、もっと自転車向けのモバイルバッテリーもある模様。引き続き調べてみました。

スポンサーリンク

種類

形状でみると、

  • ライト一体型
  • アクセサリバー一体型
  • スマホホルダ一体型
  • ボトルケージに入るタイプ
  • スティックタイプ

機能でみると、

  • ソーラー充電付き
  • 発電装置付き

その他として、バッテリー別体型ライトのバッテリーに充電機能がついているモノもある。

ライト一体型

ライト一体型タイプなら、自転車通勤はライトとして使って、休日のロングライドはバッテリーとして使えば、専用品より使用頻度が上がるので、多少高くても「利用時間あたりの価格」は下がりそう。

knog PWR

iPhone7を2回以上充電できる10000mAのタイプになると、お値段2万円越え。

Ymiko自転車前照灯 テールライト付き 4000mah USB充電式 IPX5 防水

容量は、4000mAh

ポケットサイズのモバイルバッテリー搭載防水型フラッシュライト『ZeroHour Relic』

容量は3,400mAh。かっこいいけど、これもなかなかのお値段。

アクセサリーバー一体型

これも「利用時間あたりの価格」は下がります。でも、あまり種類が無いようです。

COLOURY MT-AD10 モバイルバッテリー

容量は2200mAh。

スマホホルダ一体型

DOPPELGANGER「スマホバッテリーマウント」

容量は3.800mAh 。

ROMOSS 自転車ホルダー モバイルバッテリー搭載 10000mAh UR01

ボトルホルダータイプ

よく考えれば、ツール缶に普通のモバイルバッテリーを入れれば良い気がしてきました。

KIROBO 防水bluetoothスピーカー

容量は5200mAh。

スティック型

携帯ポンプのように、フレームに沿わせてホルダーで固定することで、見た目スッキリ。

Anker PowerCore 5000

ソーラー充電

DKnight  超大容量モバイルバッテリー

  • 容量:15,000mAh
  • サイズ:7.6cm×15.8cm×1.6cm
  • 重量:281g

VNOOKY モバイルバッテリー ソーラーチャージャー

  • 容量:16000mAh
  • サイズ:14.2 x 7.5 x 13.6
  • 重量:240g

発電タイプ

チェーン式自転車USBダイナモチャージャー

Siva Cycle / ATOM

バッテリー別体型ライト

バッテリーのUSB差込口があり、充電に使えるタイプ

サンワサプライ / 800-BYLED6BK

というわけで

いろいろ調べたけれど、本来の目的である「遠出時のバッテリー切れ対策」を考えれば、結局は通常タイプのバッテリーが「価格あたり容量」が良さそう。

結局、これを買いました↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする