ピストでしまなみ海道に行って気づいたポインツ

行ってきました!ピストで、しまなみ海道。
今治から出発して、尾道で泊まって、また今治への140km。

普段の運動は、平坦な片道5kmの自転車通勤のみ。
橋を通る為に何度も坂を上るので完走できるか多少不安が。

でも、終わってみると、登るのがしんどい坂はありましたが、思ってたよりは楽に走り切れました。

そんな自転車旅で気づいたポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

ちなみに

自転車

Fuji TRACK PRO 2.0 2012(↓写真は2018)

標準からの変更点

ハンドル DEDA RHM02
ブレーキレバー CANE CREEK ROAD BRAKE LEVER
サドル ISM Prologue
ペダル KONA Wah Wah PEDAL (+ペダルストラップ)
コグ MICHE PIST FIXED COG SET(17T)

ギア比は48:17の2.8。車体の軽さもあって、坂の途中で足をつくことなく走り切れました。

これ以上重いと坂が厳しかっただろうし、これ以上軽いとスピードが出しづらい。
僕の体力にはちょうどいいギア比でした。(とはいえ、ロードが本気を出すと余裕で置いていかれます)

同行者

  • 100km超山超えツーリング経験のロードが2人
  • 普段自転車に乗らないクロスが2人

今治まで車で行くなら、駐車はサンライズ糸山の第2駐車場へ

利用無料。出発地点のすぐ近く。一泊駐車もOK(サンライズ糸山に確認)

場所が少しわかりづらいですが、看板が出ています。

駐車場と直前の上り坂は地面が土なので、雨の後は要注意。

自転車をばらしての移動は、ハブナットの紛失に注意!

ピストあるある? 駐車場に到着して、タイヤをおろすとハブナットが無い!

エンドから外したままの状態だったので、そんなにすぐ外れるような締め具合でもないはずだが。おそらく車の振動で緩んだのか。

ネジ類はしっかり締めて。念のため予備も用意を。

寄り道無しなら地図は不要

ルートの道路わきには、青いラインが引かれていて到着までのキロ数も書かれています。
方向オンチの僕でも迷わず行けました。

念のため、明るいライトを用意

しまなみ海道は街灯があまりない。普通の道路はまだいいが、橋に昇り降りする道は、ほとんど明かりが無く、細くまがりくねっていてライトが暗いと泣きそうになります。

寄り道やトラブルで予定より遅くなることも。ライトはいいモノを。

(ピスト的に)きつい坂はある

個人的に2箇所。

坂の手前からスピードを上げて、立ち漕ぎで引き足を使ってなんとか登れた坂。

引き足までは必要ないが、距離がそれなりにある坂。

地名はあえて伏せておくので、お楽しみに。

尾道ラーメン

最遅は、「クラウン」

飲み屋街を歩いていると、ラーメンのいい香りが。しかし店構えはどうみてもスナック。中の様子は全く分からず、入りづらい。

一度はスルーしたものの、気になって引き返しドアを開けると満席。結局諦めましたが、次回リベンジしたい。

午前2時までやっているようです。

最早は「櫻屋」

昨夜のラーメンが諦められず、朝ラーメンが食べられる店を探す。

朝8時半からやっているようです。

というわけで

片道5kmのピストツーキニストでも、気持ちよく走りきれました。

愛車のピストで、しまなみ海道を!

Have a good cycling!

【じゃらん】しまなみ海道(宿)のおすすめランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする