WordPressで標準以外のファイルをアップロードする方法

前回、 ウィンドウズのレジストリ更新用のファイルをアップしようとして、標準のままではできなかったので、できるようにする方法を調べました。

WordPress初心者なので、忘備録としてメモしていきます。

スポンサーリンク

症状

「このファイルタイプはセキュリティの観点から許可されていません。」
「このファイルタイプは許可されていません。別のファイルをお試しください。」

WordPressで許可されていないファイルをアップロードしようとすると、上記のようなエラーメッセージが出てしまいます。

対処方法

大きく分けて2つあるようです。

  • WordPressのPHPを書き換える
  • プラグインをインストールする

いずれはPHPを書き換える方法も覚えたいですが、今は迷わずプラグインを選択。

プラグインの種類

  • WP Add Mime Types
  • Disable Real MIME Check
  • PJW Mime Config

などがあるようです。

今回は日本語が使えるということで、WP Add Mime Typesを使うことにしました。

設定方法

プラグインインストール画面で で検索して

「いますぐインストール」をクリック

「有効化」をクリック

「設定」の「MIME Type 設定」をクリック

デフォルトで有効なファイルの一覧が表示されます。

その下にある「追加の項目」欄に、有効にしたいファイルのMIME Typeを追加。

reg = plain/text

のように登録すると無事アップロードできました。

がしかし

最初は上記の方法で、うまくアップロードできたんです。

その後、ブログ記事の写真を撮る為に、プラグインを一度アンインストールしてからインストールしなおしました。
その時、いくつかプラグインの更新もしました。

すると、「メディアの追加」→「ファイルをアップロード」で「HTTPエラー」が発生するようになってしまいました。

とりあえず今回は写真無しのまま記事をアップします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする