WordPressの速度が遅いので、簡単にできる対策を試してみた、その2。55/86→69/88に改善

前回のつづき。

スポンサーリンク

結論からいうと

GoogleのPageSpeed Insightsで測定。

mobilePC
before5586
after6988

前回対策した直後は、mobileは62改善していた。しかし今回設定変更前に測定すると、前回の対策前と同じ数値。

そこから色々設定して、mobileは70近くまで改善。PCはそろそろ数値が伸びなくなってきた。

負荷が高すぎるプラグインを停止

プラグインごとの負荷を測定するP3(Plugin Performance Profiler)というプラグインを使って測定。

プラグインの数
プラグインロード時間
プラグインの影響
MySQLクエリ
18
0.683
80.3%
63

プラグインの実行時間(Runtime by Plugin) という項目で、75%をjetpackが占めていた。残り25%がwordpressのコアとその他のプラグイン。

jetpack負荷多すぎ、停止決定。

mobilepc
6587
MediumGood

mobileは10改善。

P3の測定結果も以下の状態に。

プラグインの数
プラグインロード時間
プラグインの影響
MySQLクエリ
17
0.231
42.2%
54

ページ表示時に不要なプラグインを読み込まない

TinyMCE Advancedなどの、記事編集用プラグインも、通常のページ表示時に読み込まれて負荷になるらしい。Plugin Load Filterというプラグインで、不要なものを読み込まないように設定。

mobilepc
6484
LowLow

改悪(汗)測定した時間帯も影響している?

とりあえずこのままにしてみる。

停止したのは以下

  • Simple Post Notes
  • Table of Contents Plus
  • TinyMCE Advanced
  • WP to Twitter

PHPのバージョンを上げる

PHPのバージョンを確認すると5.6.30。プログ立ち上げ時のまま全然変更していなかった。7.1,2にアップデート。

mobilepc
6988
MediumGood

というわけで

mobile差分PC差分
最初5558
不要プラグイン停止57+260+2
minify60+372+12
gzip62+286+14
高負荷プラグイン停止65+387+1
編集用プラグインを読み込まない64-184-3
PHPをバージョンアップ69+588+4

改善はしたが、mobileの数値がいまいち。せめて80(Good)を目指して、また今度対策してみよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする