【2018年7月アップデート不具合】Windows7が再起動を繰り返す場合の対処方法

2018年7月、またしてもWindows Updateが原因で再起動ループが発生。

根本的な解決方法がわかりました。こちらの記事に手順を書いています。

スポンサーリンク

結論からいうと

僕のPCでは、「KB4338818」を削除すると改善しました。

対処方法

先月の記事と、手順は重複しますが

safeモードで起動

再起動を繰り返す途中、黒い画面で

windowsが正しくシャットダウンされませんでした。

セーフモード
セーフモードとネットワーク
セーフモードとコマンドプロンプト
Windowsを通常起動する

の選択画面が出るので「セーフモード」を選択して起動。

原因となるアップデートを削除

「コントロールパネル」を開いて

「プログラムと機能」もしくは「プログラムのアンインストール」をクリック

左側の「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック

右上の検索窓(「インストールされた更新プログラ…」と表示されているところ)に「KB4338818」を入力。

1件だけに絞り込まれるので、選択して「アンインストール」をクリック。(写真は別のKBを選択してます)

再起動。

再度、更新されないように設定

「コントロールパネル」を開いて

「Windows Update」もしくは「システムとセキュリティ」→「Windows Update」をクリック

「n個のオプションの更新プログラムが利用可能です」をクリック

表示されている「KB4338818」を右クリックして、メニューの「更新プログラムの非表示」をクリック。(写真は別のKBを選択してます)

ちなみに

「KB4338818」を削除しても改善しない場合は、過去に再起動を繰り返す症状の原因となっていたKBも、同じ手順で削除すれば改善するかもです。先月の記事の「ちなみに」に詳細を書いています。

というわけで

さすがに、5ヶ月連続となると、Windows7を買い替え促進する為のMicorosoftの陰謀説は、疑心から確信へと変わってきました(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする