クラブベル?コシティ?っぽいものをDIYしてみた

四十路を過ぎて、体力低下を感じる今日このごろ。

何か筋トレでもしようとネットで調べると、おじさんが華麗に棍棒を振り回すトレーニングを見つけた。これおもろそう。

スポンサーリンク

君の名は?

インディアンクラブというらしい。

もっと重そうな棒を振り回す、コシティ、クラブベル、バットダンベル、ミール、チーシー。

さらに、 もっと長くて大きいメイスベルやガダ。

など、いろいろある模様。

重さ(kg) 長さ(cm) 価格
インディアンクラブ(2本セット) 0.4 41 14,109
コシティ 5.0 50 16,383
バットダンベル 10.0 70 11.500
メイスベル 5.0 102 7,800

どれも、ちょっとやってみるには安くない。

自作する?

ネットを調べてみると

  • 一升瓶に砂を入れる
  • プラスチックバットに穴を空けて砂入れる
  • 木の棒にダンベルのオモリを付ける
  • コンクリートに木の棒を挿して固める
  • ダンベルの片方だけにオモリをつける

プラスチックバットに砂を入れるが一番安価で手軽そう。形状もクラブベルに近い?

でも、ずっと前に買って、全く使っていないダンベルセットがあったはず。リストハンマーという商品の写真を見ると、ほぼダンベルだし、ダンベルで作ってみよう。

重さやグリップの形状を考えると、インディアンクラブというよりはコシティぽくなるのかな。

ダンベルセットで作る

用意するもの

ダンベルセットは、確かスポーツデポで買った安いやつ。

あと、ホームセンターで太さが合いそうなスポンジグリップを購入。

作り方

  1. ネジ部分の長さに合わせてスポンジを切る。
  2. スポンジにシャフトをねじ込む。
  3. 欲しい負荷に合わせてウェイトをつける。
  4. 完成!

1kgのオモリを付けて振ってみた。

グリップの接着はしてないけど、ネジが切っているので、スッポ抜けは無さそう。

でも、普段は筋トレどころか、運動すらしていない身なので、肘を痛めそう。

というわけで

ひとまずは、オモリを外しカラーだけで使ってみる

※ インディアンクラブとして使うには、グリップの形状などいろいろ問題があり、結局ホンモノを買いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする