薪ストーブの焚き付け作り キンドリングクラッカー組み立て & 割り比べ(vs ハスク手斧、シルキーナタ)

焚付づくりは、僕の仕事でした。ときには、早朝の真っ暗な中で寒さに耐えながら焚付を作ることも。

ナタをメインで使っていたけど、雰囲気重視で手斧も購入。でも、なかなか使いこなせない。

その後、薪ストーブのお店に行った時、奥さんが「これなら、私も焚き付け作れそう」というし、扱いも簡単そうなので、キンドリングクラッカーを購入!

スポンサーリンク

キンドリングクラッカーとは

13歳の若き発明家、エーラ・ハッチンソンは、斧で焚き付けを作るお母さんのケガを心配して、このキンドリングクラッカーを考案しました。

特徴

● 刃の部分に手が入らない設計のため、安心して作業できる
● 力の弱い女性や高齢者でも扱いやすい
● スピーディーに割れるので焚き付けづくりの時間を短縮

使い方

薪を安全リングの中に通し、片手で薪を軽く支えながら刃に食い込む程度にハンマーで軽く叩きます。手の支えをはずし、引き続きハンマーでたたき割ります。

販売元ホームページより

箱出し


中身は、本体と日本語のマニュアル1枚。


刃はこんな感じ。触ると、少しカエリが残っている。


コピー用紙を当ててみるが、切れる様子はない。

取り付け

ネジは付属していないので別途購入。

ちなみに、固定せず本体のみで使った事がある人曰く、安定せずうまく割れないらしい。

用意したもの

8mm x 65mm のコーチボルト

コーチボルトとは、頭が六角になった木ネジ。レンチを使う事で、よりトルクをかけて締め付けられる。コーチスクリュー、六角木ネジと呼ばれることも。

メーカーの動画には8ミリのコーチボルトとだけで、長さについての説明はなし。ホームセンター売り場にあったユニクロのコーチボルトで、一番長かった65mmを選択。

※ユニクロ=衣料品メーカーではなく、ユニクロームメッキの事らしい。

6mmの木工ドリル

メーカー動画には7mmドリルを用意とあったが、100円ショップで買った木工ドリルセットに7mmが無かったので、6mmを使用。

レンチ

ペダルレンチを使用。ボルトのサイズは14mm。

杉の丸太

キンクラを購入したお店で、オマケにもらいました。

取り付け手順


仮置きして、穴の位置に印をつける。


ドリルで穴あけ。


コーチボルトで固定する。


完成!

ボルトの長さ65mmでは短いかと思ったが、持ち上げてもグラつかないので良しとする。

試し割り

失敗例

初めてで叩く力が弱かったのか、乾燥しきっていない木で試したからか、ときどき失敗も。


その1、クサビで跳ね返される。


その2、底に着いても、2つに割れない。

対策は追々研究していく。

割り比べ

キンドリングクラッカー、ハスクバーナ手斧、シルキーナタで、去年購入したクヌギの乾燥薪を割ってみる。

ちなみに、それぞれの熟練度は

  • ナタ 昨シーズン中は、ほぼこれで焚付を作っていた。
  • 手斧 シーズンが終わってから購入。試しに何本か割った程度
  • キンクラ 初めての使用

シルキーナタ


バトニング 20回。 昨シーズン中は、もっと少ない回数で割れていたと思うが。

慣れているので難易度は低い。叩く衝撃で樹皮が剥がれた。

※ バトニング=木の棒で刃の背を叩いて割る方法。

ハスクバーナ手斧


地面叩きつけ割りで、 7回。

不慣れなので、1回1回に時間がかかった。シルキーナタと同じく樹皮が剥がれた。

キンドリングクラッカー


コンコンと叩いて固定、力を入れて7回。

手斧と同じ7回だが、こっちの方が気楽。刃物を振り回していない安心感。

割れた木がリングに当たるコンッという音が気持ちいい。

キンクラのみ樹皮が剥がれなかった、たまたま?

両側に箱を置いて、割れた薪がそこに入るようにすれば、効率アップしそう。

というわけで

感想としては、こんな感じ。今後は、いろいろな材料を、いろいろなハンマーで試してみたい。

キンクラハスク手斧シルキーナタ
スピード
安全度
ワイルド感

でも、ハスク手斧も、もっと使いこなせるようにしたい~。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする