2018年は「trystrams lifehack 手帳 A6 週間バーチカル ソフトカバー」を使ってみる。

そろそろ年末が近づいてきて、書店、文房具店にも来年の手帳が並び始めた。

毎年、いろいろ工夫に富んだ手帳がリリースされる中で、今年は「trystrams lifehack 手帳 A6 週間バーチカル ソフトカバー」を使ってみようと思う。

スポンサーリンク

選んだ理由

持ち運びやすいA6サイズ

常に持ち歩いて使ってこその手帳。

A5やB6サイズの手帳が多いけど、あまりカバンを持ち歩く習慣が無い僕には、A5サイズは大きすぎた。家や車の中に置いたままで使おうと思った時に手元に無く、結局、使用頻度が落ちてしまった。

今、ダイソーのA6ノートをメモ帳に使っていて、それなりに携帯できている。手帳も同じサイズなら大丈夫だろう。年間、月間、週間とシンプルな構成なので、厚さも8mmと薄め。

ガントチャート

全体的な予定を俯瞰するのに使いたいので、ガントチャートが欲しい。

年間と月間はガントチャート、週間もバーチカルなので、その気になればチェックリストの欄をガントチャートっぽく使えそう。

月間ブロックが無いという潔さも◯

内容

外観

表紙


超シンプル。「DIARY 2018」の金文字だけ。

裏表紙


同じく超シンプル。

光の関係?で表紙と裏表紙の色味が違うが、こっちの方が実際の色に近い。

綴じ方


写真ではわかりにくいが、無線綴じではなく、沢山の細かい糸綴じ。

構成

内表紙


個人的には、この写真は不要かな~。

使い方の説明

年間カレンダー

2年分のカレンダー。

ちなみに、ページを抑える為に置いているペンは、trystramsとは全く関係なし。

年間のガントチャート

月間のガントチャート


一番下の欄に、祝日が書かれている。

週間バーチカル

  • 今週の目標 (左上)
  • 今週の一言 (右上)
  • 月間カレンダー (右上)
  • チェックリスト (上段)
  • タイムテーブル (下段)
  • フリースペース (右端)

所有者情報

最後に所有者情報欄。

おまけ

考え方のフレームワークが書かれた紙

  • 2×2マトリクス
  • 3×3マトリクス
  • SCAMPER法

というわけで

以上のような、予定管理・記録に絞ったシンプルな構成。メモ欄は全然ない。


手帳に数ページだけメモが付いていても使い所に困るので、同じサイズのダイソーノートを一緒に持ち歩こうと思う。

2冊まとめられるノートカバーも欲しいところ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする