薪ストーブの焚き付け作り シルキーナタ vs ハスクバーナ 手斧

前のシーズンは、シルキーナタで焚きつけを作っていました。
建築廃材の杉なら、一振りでパカッと気持ちよく割れます。

ですが、クヌギの薪を小割りにするには少し手間が…。
一発では割れないので、ナタの背を別の棒でガンガン叩いて食い込ませて割るんですが、
なかなか時間がかかります。

そこで、ネットでよく見かけるハスクバーナの手斧を購入。

刃物も薪割りも素人ですが、シルキーナタと比較してみました。

スポンサーリンク

主要諸元

商品 ハスクバーナ 手斧 シルキーナタ 両刃180mm
定価 4,530円 8,420円
最安値 4,439円(送料別) 3,996円(送料別)
長さ 380mm 365mm
重さ(本体のみ実測) 946g 575g
刃厚 (未測定) 5.7mm
刃の素材 スウェーデン鋼 合金鋼
柄の素材 ヒッコリー ゴム

※最安価格は2017年6月時点、価格コムにて調査

最安値、重量以外はメーカーページの内容をまとめたんですが、
シルキーナタの用途は「生木の枝打ち、剪定」とありました。
そもそも、焚付づくりに向いていない?汗

ハスクバーナのページには、手斧の重さが0.6kgと表記されてました。実物をどう測っても1kg弱あります。← あとから気づきましたが、刃の部分だけの重さだと思います。

実物

シースあり

ハスクのシースは、しっとりした革製で雰囲気いいです。
ただ、小さいので、すぐ見失ってしまいます。

シルキーのシースは、樹脂製にアルミ?の補強、ベルトループはゴム。
上の写真は、ベルトループを外してます。
使い始めて1年弱、ずっと商品説明の紙を着けたまま使ってました。
外します(↓)

シルキーナタのシース

やはり、ベルトに下げられるシースがあると、屋外での作業はやりやすいです。

ナタはどちら向きにも入るので、左利きの人にも使いやすそう。

シースなし & 重心

それぞれ木を置いているあたりが重心です。

シルキーの重心は、だいたいセンター。
光の加減で、刃が黒く写ってますが、本当はシルバーです。

ハスクの重心は刃の真下あたり。

上からの刃

左がハスク、右がシルキー。

シルキーだけ使っていた時は、分厚い刃だと思ってましたが、斧と比べるとかわいいですね。

横からの刃

奥がシルキー、手前がハスク。

シルキーは1年弱の使用。一度も研いでないです。
枝払いしたり、焚付作りでがんがんバトニングしましたが、大きな痛みは無し。
頑丈ですね。

ハスクは使い始めて2ヶ月。
同じく一度も研いでないですが、箱出しの研ぎは結構ざっくりです。
焚付作り、枝払い、細い竹を切ったりしました。覚えてないですが、コンクリートか何か硬いものに当たった?刃の上のほうが少しめくれてます。

使ってみる

バトニング

シルキーナタ

刃が180mmあるので、叩きやすい。
傾いて刃が入ってしまったら、グリップ側もがんがん叩く。
普通のナイフは、グリップを叩くと壊れるのでNGらしいですが、
シルキーナタのグリップはゴムなので気にしない。

こじらずに叩くと、ここまで食い込んでも、薪が割れない時も。

ハスク手斧

本当はバトニングはダメみたいですが、試してみました。
2回叩いたらパカっと割れました。
薪割り用の刃ではないですが、刃の厚みがあるからかシルキーより割れやすいです。

削る


木の上を滑らせるように削ってみたり、軽く叩きつけるように削ってみたり。

シルキーよりハスクのほうが刃が食い込みやすく感じました。
シルキーには小刃(セカンダリーベベル)がついているからでしょうか?

薪割り(地面に叩きつけ)

シルキーナタ


本体が軽いぶん、力を入れて叩きつける必要がある。

食い込んだ刃がぐらつきやすい ( 刃と薪の角度が変わりやすい )気がする。

ハスク手斧


力を入れて叩きつけなくても、斧の重さで刃が食い込む。

刃の厚みで、シルキーよりも少ない回数で割れやすい。

枝払い

シルキーナタ


刃が長いので、広い範囲を切りやすい。
重心がセンターなので、コントロールしやすい。

ハスク手斧


重心が先端にあるので、何度も振ると腕が疲れる。
ナタよりも刃が狭いので、よく狙う必要がある。
刃の近くを持つとコントロールはしやすくなるが、枝が手に当たる。

というわけで

僕が斧に慣れていないのもあるかもですが、
クヌギの焚付作りは、重さや刃厚から、ハスクバーナ手斧の方がやりやすく、
杉の焚付作りは、コントロールのしやすさから、シルキーナタがやりやすいです。

やはり適材適所ですかね。

でも、武骨な刃、刃の刻印、柄のカーブ、木の手触り
ハスクバーナ手斧が好きだ~!!

by カエレバ

by カエレバ

※2017/07/31 叩きつけ割、枝払いを追加しました。
※2017/10/25 キンドリングクラッカーも購入!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする