薪ストーブ(ドブレ760)のメンテナンスをプロに頼んだので、横に張り付いて手順をメモしてみた

薪ストーブの初メンテナンス。今回は業者さんに頼んだけど、次回以降は自分でするつもりで、手順をメモ。

多くの人は、湿気で錆ができないように、シーズン終了直後~梅雨前にメンテするらしい。

スポンサーリンク

煙突の掃除

ヘッド部分の掃除

  1. ヘッドを留めているビス外す。
  2. 大きいビニールかぶせてヘッドを取り外す。以下の作業はビニール袋に入れたまま。
  3. ヘッド上部のビス外し、金網を外す。
  4. 二重構造になっているので、細めのブラシでこすってススを落とす。通常は樹脂のブラシで十分。脂を含む場合はスチールブラシ、との事。

煙突部分の掃除

  1. ブラシを、回しながら挿し込んでいく。
  2. ロッドを継ぎ足しながら、差し込んでいく。ドブレの場合は、明確な突き当たった感があるらしい。ウチの場合は 煙突部分はストレートな4メートル。ロッド4本継いでいた。
  3. ロッドをバラしながら抜き取る。

掃除道具は、ファイヤーサイドのブラシとネジ式ロッドを使っていた。
ネジ式は、左に回すとネジが外れてしまうので、挿す時も抜く時も必ず右回しで。ロック式のロッドもあるようだが、少々お高い。

仕上げ

  1. ヘッドに金網を取り付け。
  2. ヘッドを煙突の先に取り付け。ネジ締めはコーキングをつけると尚良。
  3. 塗装が禿げていたら耐火塗料をスプレー(見た目の問題。ステンレスの煙突なら実質の問題なし)

コーキング材と耐火塗装は、使っていた商品名を確認していないので、紹介は無し。

本体の掃除

事前準備

  1. マスカーなどで養生。
  2. 引き出しの灰を捨てる。
  3. 火床にたまった灰を捨てる。業務用掃除機を使っていた。
  4. 扉を締めて隙間に紙をはさんで、するっと抜けたらガスケット交換。

分解

  1. メインのガラス扉を外す。
  2. 灰受けの扉を外す。
  3. 天板を外す。
  4. 薪ころがり防止柵を外す。
  5. 内側天井の板を外す。ここだけは2人で作業していた。2枚が重なるように収まっている。向かって左を一人が持ち上げ、もうひとりが右を外し、その後左を外す。
  6. 耐火煉瓦を外す。左1枚、奥2枚。置いているだけなので、持ち上げれば外れる。
  7. 中央の底板を外す。奥を持ち上げて、奥側にずらして取り出す。
  8. 左右の底板を外す。
  9. 煙突直下のカバーを外す。上に持ち上げ、下側を手前に引く。

右の扉を外すには六角レンチが必要。今回は外さずに清掃していた。

掃除

金属パーツ

  • 全てのパーツの汚れを拭き取り、クレ5-56をした後、乾拭き。
  • 本体の汚れには、普通の窓に使うガラスクリーナーを使っていた。
  • 錆があるところはストーブポリッシュ 薪ストーブの靴墨みたいなもの。業者さんが使っていたのはコレ↓。

内側

  • ブラシで煤や灰をこすり落とす。

掃除してるとハリガネ的な補強材が落ちてくるが、運搬時の保護用なので取れても問題なし。

前扉のガラス

  • 外側は普通のガラスクリーナーでOK。
  • 内側は専用クリーナーを使用。使っていたのはコレ↓

組み付け

  1. 左右の底板を入れる。左右の区別はなし。
  2. 真ん中の底板入れる。穴が手前。手前を先にはめてから奥を入れる。
  3. 背面のレンガを置く。左右の区別はなし。
  4. 左のレンガを置く。内側天井部分の円弧の跡がついているので、それをみて位置を合わせる。
  5. 煙突下のカバーを入れる。上をはめてから、下を押し込む。
  6. 内側の天井をはめる。ここも2人で作業。先に向かって左の板をはめて持ち上げたまま、右の板を差し込んでから、左の板を下ろす。
  7. 薪転がり防止柵をはめる。
  8. 灰受けの扉はめる。
  9. 正面ガラス扉をはめる。

注油

  • 扉やノブなどの可動部には、潤滑剤をスプレーして吹き取る。
  • 外部の蝶番には、ワコーズのラスペネを使っていた。
  • 内側は耐熱のワコーズTHCを使っていた。

湿気対策

  • 次のシーズンまで除湿剤を入れておく。新聞紙まるめて入れとくだけでもいいらしい。

というわけで

2人で2時間強。自分一人でやるには中々大変そう。

業者さん曰く、平日朝晩と週末だけなら、毎年ここまでする必要はない。分解せずに、本体内部の清掃だけをして、3年に一回ぐらいプロに頼めばいい、との事。

だったら、軽い自分メンテ → 煙突掃除、本体分解もする自分メンテ → 軽い自分メンテ→業者さんに頼む → 軽い自分メンテ、なサイクルにしようかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする