シーグラスを探して、香川県東部の海岸を巡ってきた

瀬戸内デイアウトに参加する予定だったが、残念ながら悪天候のため中止。

既に気分は海だったので、曇り空の下シーグラス探しに出かけてみた。

スポンサーリンク

結論から言うと

今回(6月)にまわった中では、津田の松原が1番たくさん拾えた。

シーグラスとは

シーグラスもしくはビーチグラスとは、海岸や大きな湖の湖畔で見付かるガラス片のことである。波に揉まれて角の取れた小片となり、曇りガラスのような風合いを呈する。

wikipediaより

回ったのは

ピンをクリック:情報を表示
マップ左上のアイコン:一覧を表示
マップ右上のアイコン:別ウィンドウで拡大マップ

津田の松原海水浴場

シーグラスが拾えるという噂をきいた事があったので行ってみた。

今回探したのは、グリーンの部分ではなく、水路をはさんだ北側のあたり(琴林公園の文字の上、南船町の文字の右下)。

30分ぐらいで、約20個は見つかった。

海開きすると、海岸が清掃されてシーグラスは減るのかも?

田の浦野営場

流木が拾える、という噂があったので行ってみた。

一応あるにはあった。が、持って帰れるようなのは、1つだけ。

シーグラスは、5こぐらい。

青木海水浴場

シーズンオフだからか漂流物が多く、娘が嫌がったのですぐに引き上げ。

2,3分探したが、見つけられず。

隣の海岸

青木海岸のすぐ西。

車を駐車する場所が見つけられず諦めた。

沖に防波堤があったので、漂着物は少ない?

ドルフィンセンターの海岸。

海岸はかなり短い。それでも、3つぐらい発見。

イルカと遊ぶついでに、チェックしてみるぐらいのライトな利用がいいかも?

というわけで

ほどよく見つかりにくいので、見つかった時に結構テンションが上がる。

ほかの海岸もまわったら、また追記します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする