香川県の自転車メーカー Tyrellの工場見学に行ってきた 2017

GWに、香川の自転車メーカー「Tyrell」の工場見学に行ってきました。

開催されていたのは

  • ショートサイクリング
  • 工場見学
  • 試乗会

僕が参加したのは、工場見学と試乗会。

スポンサーリンク

Tyrellとは

2004年にアイヴエモーション社・代表の広瀬将人により設立された日本の自転車ブランド。

長いヘッドチューブまわりの剛性を高めつつ、フレーム全体の強度をアップさせることに貢献する「スラントデザイン」というフレームのミニベロが有名。

工場見学

自由見学


のどかな田園風景のなかに、突如現れる茶色の巨大な建物。


入口前には、今後発売予定のステンレスフレーム・カーボンフォークのIVEの姿も。
ステンレスの鈍い輝きが素敵。


中に入ると吊り下げられたフレームが圧巻!
つい、全部でおいくら万円?と考えてしまいます。


ショールーム
こんなプロトタイプの3輪リカンベントが置いてました。


フロントはダブルウィッシュボーン。かっこいい!

他にもTyrellの歴史のパネル展示とか、スタッフさんの紹介が展示されていました。

制作工程の説明

1回40分のスタッフさんによる説明ツアー。
予想より参加者が多く、急遽ツアーを1回増やしていたようです。

パイプの歪みチェック


工業製品といえど、やはり歪みはあるそうで、まずは、その歪み具合をチェックするそうです。

パイプはダブルバテッド?比較用に置いていた通常のパイプに較べて明らかに軽かったです。

パイプ加工


パイプの歪みを考慮しながら、削る角度を決めて切削。
歪みを考慮していないメーカーも多いそうです。

加工後チェック

パイプを仮組みして、加工に歪みがないかをチェック

仮溶接

本溶接での歪みを考慮して、少しずらして固定するそうです。
職人技ですね~。

本溶接


溶接の光を直接見ないように、見学者には手作りのサングラス付きお面が配られました。
ガンダムのシャアやバカボンの警察官など、なかなか昭和なラインナップでした。

溶接後の歪みチェック

フレームの中心線に対して、ヘッドチューブやエンドがズレていないかのチェック。
ズレがあると、高速走行時のブレや、長距離走行時の疲労が違ってくるとの事。

多くのメーカーでは、この最終チェックの許容範囲は1mm以下にしているそうですが、Tyrellでは許容範囲は0.5mm以下だそうです。

BBのタッピングとフェイシング

アルミフレームは熱で歪みやすいので、BBはタッピングとフェイシングしてから組み立てるそうです。

1日の出荷台数

6台 ぐらいだそうです。
確かに、こんなに厳しいチェックをしていたら、そうなりますよね。

製作工程を見てしまうと、Tyrellのお値段がそんなに高くないように思えてきました。
危険です。

試乗

乗るのに気を取られて写真を忘れてました。

試乗したのはFX。
たまたま1台だけあったシートポストがクイックでない試乗車を選んでしまいました。
少しサドルが低かったけど、帰る時間が迫っていたので調整なしで出発。

常連のお客さん?に伴走してもらいながら工場の近くを一周。

制作工程の説明で、こだわりを聞いてハードルが上がり過ぎ、「何かわからんけどすごい乗り心地」を期待してしまってました。
普通に、安定してすごく走りやすかったです。

帰ってきて、他のお客さんとスタッフさんとの会話が聞こえてきました。
折りたたみ機構が付くだけで、1~2kgぐらい重さが変わってくる、と。

それなら、折りたたみ無しのCSIにも乗ってみたいし、軽量クロモリロードのRXも気になる!
しかし、後の予定が入っていたので泣く泣く帰宅。

というわけで

製作者のこだわり、製作工程、ユニークなデザイン、走行性
そのあたりを考えると、コスパは悪くないのかなと感じました。

以前、刀鍛冶の工房見学に行って、
日本刀と同じ製法で作られた包丁を、勢いで買ってしまった事があります。

その時と同じ気持ちになっています。
危険です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする