まだ和暦で消耗してるの? or 和暦がどれだけ使われていようとも、それは既に形骸である。あえて言おう!カスであると!

いまさらなタイトルですが。

さんざんいろんな人が言っていると思いますが、和暦は不便すぎです。

スポンサーリンク

和暦は不要だと思うポイント

元号の変わる度に対応する作業が無駄

元号が変わるたびに、書類の書式変更や、ITシステムの変更、カレンダー関係する対応が必要になります。

会社単体で見れば、その作業でいくらかの収入は発生するでしょうが。

巨大なITシステムを元号対応する労力を、新しいシステム開発に注ぎ込めていたら、世界をリードする新しいITサービスが作れていたかもしれません。早い時間に退社して、家族との有意義な時間を過ごせたかもしれません。

元号に関する計算が煩わしい

「昭和50年て事は、昭和元年が1926年やから~」「平成28年で、昭和でいうと63足す28で~」などの計算。

「平成元年の1月1日から」「いや1月1日は昭和64年やで」というような会話。

要らないです。

過去と未来は西暦を使っているのに

過去の事を、「いいくに(1192)つくろう鎌倉幕府」と西暦で暗記したり、

未来のことを、「22世紀から来たロボット」と西暦であらわすなら、

現在も西暦でよくないですか?

和暦派の意見

日本の文化だから、西暦はキリスト教の暦だから

文化として残すのは別に良いと思います。和風月名(如月・弥生)や六曜(友引・仏滅)や二十四節気(立春・大寒)とかと一緒ぐらいのレベルで。

でも、「日本人なら和暦を使うべき」というような考え方は、「女性だから家庭に入るべき」と同じかと。

アプリで計算すればいい

そもそもの解決になってません。「臭いものに蓋」です。

それぞれの元号で時代をイメージできる

「昭和」といっても63年あるわけで、太平洋戦争があった昭和20年代と、バブル時代の60年代では全然違います。

終戦直後とか、1970年台とか、高度成長期の方がきちんと言い表せます。

元号を使っているのは日本だけ

文化や国で独自の暦を使っているところはあるようですが(イスラム圏、北朝鮮など)、元号を使っているのは日本だけです。中国、韓国は昔使っていましたが、現在は使われていません。

「元号」がダメだと思うんです。日本の文化どうこうなら「皇紀」を使えば、まだましだと思います。元号をまたぐ計算はないし、過去も未来も表せるし、西暦への変換も660足せばいいし。

でも、今の日本では西暦の方が浸透してますし、世界のデファクトスタンダードは西暦です。

というわけで

アメリカから西暦を使うように圧力があれば、変わるかも知れませんね。圧力がなければ、僕が生きている間は和暦メインのままな気がします。

西暦普及の草の根運動として、これからは書類に「明・大・昭・平  年」と記入欄があっても「明・大・昭・平1970年」と書いていきます!

参考の為に、他の意見を調べていたら、こんな文章を見つけました。まさに!↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする