リヒトラブ「卓上カレンダーにもなるダイアリー」を買ってみた

今まで綴じ手帳を買っていましたが、

  • 使わないページを外してすっきりさせたい
  • 欲しいフォーマットを自作して追加したい
  • ノートページが足りなくなったら追加したい

などの理由で、

ページ差し替え可能な「卓上カレンダーにもなるダイアリー」を買ってみました。

スポンサーリンク

商品情報

サイズは

  • A5
  • B6

色の種類は

  • ホワイト
  • レッド
  • ネイビー
  • ライトグリーン
  • ブラック

24枚48ページ

表紙

ネイビーが良かったけど、在庫がなかったのでA5ブラックを購入。

アップにするとこんな感じの、程よいサラサラ感。

白い部分は、卓上カレンダーにした時の滑り止め。

カレンダー2年分

1ページ目 2019年と2020年のカレンダー。月曜始まりです。

年間カレンダー

左から右へ1~12月、上から下へ1~31日。

このカレンダーにだけ、立春などの二十四節気、節分・母の日などのイベントが記載されています。

月間カレンダー

ガントチャートと普通のカレンダーを一度に確認できます。

ガントチャート

ガントチャートページは、見開き・卓上のどちらでも使えるように、日付が上下に書かれています。

カレンダー

前年の12月から翌年の1月まで。

日付と祝日と六曜。マスの中心に上下を分割する先が引かれています。

右下には前月次月のカレンダー。

ノートページ

ノートページは5mm方眼が7枚。

ポケット

差し替え可能なポケットページもついてます。ちょっとした書類を挟んでおくのに良さそう。

ちょっと手を入れる

週番号を書き込み

カレンダーがせっかく月曜始まりなのに、週番号がないので左の余白に記入しました。

ガントチャートページも週の区切り線と週番号を書き込み。

年間の週番号ガントチャートを手書き

2ページ使って週番号のガントチャートを作成。

一番上が週番号、2番めが月、3番目が日。

53週分を書き込むのにマス目の数が程よいです。

デフォルトの年間カレンダーはあまり好みではないので、これと差し替えました。

こういうことが簡単にできるのが、差し替え可能なノートのメリット。

ハビットトラッカー

ガントチャートは、去年末から始めた筋トレの記録もつけていきます。

リングを交換する

まだやってないけど、もう少しノートページを増やしたいので、下の商品を購入して綴じ具を交換しようと思っています。

というわけで

ぱっと見は、普通のリングノート。軽くて、開閉や折り返しもスムーズ。

ページの差し替えも簡単。

なかなか使いやすそうです。

今後、100均のリングノートをバラしてリフィルにしてみたり、専用パンチを買ってリフィルの自作にも挑戦してみたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする