日本のウユニ塩湖、香川県三豊市父母ガ浜の夏を子連れで丸一日楽しむ方法

日本のウユニ塩湖として有名な父母ガ浜に、家族で行ってきました。

超遠浅の砂浜で、満潮干潮でガラッと様子が変わり、いろんな楽しみ方ができました。子連れで行く海水浴場としても良かったので、ポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

概要

満潮2時間前の10時ぐらいに到着して、日没後の20時ぐらいに帰るまでの、10時間ぐらい。こんな感じで父母ガ浜を満喫しました↓

  • 満潮前後は、海水浴
  • 引き潮の間は、砂州散歩、海の生物観察
  • 干潮前後は、ウユニ写真

海水浴

超がつく遠浅で安心

最長500メートルぐらい。25mプール20往復分泳いでも、まだ足がつくということでしょうか。

子どもが沖の方まで行ってしまっても安心していられます。

この写真では伝わりにくいかな。かなり沖に来てますが、これでも腰下ぐらいまでの深さ。

曇りだったので海の色はどんよりしてますが、市のホームページでみると晴れた日はもっときれいな青色になるようです。

裸足で歩ける砂浜

砂が細かく、踏んだら危なそうなものも落ちていないので、ウチの家族は、父母ガ浜いるあいだずっと裸足でいました。

砂州を散歩

引き潮の途中で砂州が出現します。ちょっとした漂流気分?を味わえます。

泡が出る砂

歩くと足首まで埋もれるくらい砂が柔らかいの場所があります。しかも、空気がぶくぶく出てきて不思議な感じ。子どもも、ぶくぶくさせて遊んでました。

いきもの観察

潮がひいていくと、小川のような流れができて、カニ、ヤドカリ、小魚がたくさん観察できます。網を持ってきて、バケツいっぱい採っている子もいました。

あと、砂浜にあいた穴の周りに塩をまいているところもあったので、マテ貝が何かもとれるようです。

映える写真撮影

ここは、書くことが多いので、別記事で書きます。

近くの有名なお店

かき氷の「ひむろ」は、すぐとなり

ふわふわしたかき氷が人気のお店。

休日だと、11時の開店前に到着しても、開店時には店に入れないことあるほど。電話で呼び出してくれるので、海で遊んで待つのもいいかも。

たこ判の「小前」は、車で5分

たこ判とは、キャベツはさんだ大判焼き型のたこ焼き。1個150円からとリーズナブル。

注文をもらってから焼き始めるので、出てくるまでに30分ぐらいかかります。予め電話で注文してからお店に行くといいです。

というわけで

せっかく父母ガ浜へ行くなら、ウユニ写真だけじゃもったいない!

【じゃらん】父母ヶ浜海水浴場周辺のホテルランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする