【2018】週番号ガントチャートで、ざっくり来年の予定

もう今年も残り二ヶ月。そろそろ来年のスケジュールを考えていく時期になりました。

ただ、今の時点では、あまり細かく決められないので、ざっくり予定をたてたい。

月ごとほど大雑把でなく、日毎ほど細かくない、そんな時にほど良さそうな週番号ガントチャートを作ってみました。

※2017年11月16日 2018年版をアップしました。

こんなガントチャートも作ってみました。

スポンサーリンク

週番号とは

一年間の各週につけられた番号。1~52か53まで。アメリカとヨーロッパで数え方が違う。ヨーロッパ式はISO8601の中に含まれる。アメリカとヨーロッパの違いは以下。

  • アメリカ式  週の始まりは日曜日。第1週は1月1日が含まれる週
  • ヨーロッパ式 週の始まりは月曜日。第1週は最初の木曜日を含む週

例えばヨーロッパ式だと、以下

5212/26 ~ 1/1
11/2 ~ 1/8
21/9 ~ 1/15
5112/18 ~ 12/24
5212/25 ~ 12/31

ガントチャートとは

プロジェクト管理や生産管理などで工程管理に用いられる表の一種で、作業計画を視覚的に表現するために用いられる[1][2]。棒グラフの一種でもあり、横棒によって作業の進捗状況を表す。

wikipediaより

週番号+ガントチャート

月単位や月の上中下旬より細かく、かといって日を指定するほど細かくはない、週番号で予定を立てるのに良さそう。

上から、週番号、月、週が始まる日(月曜日が何日か)

ganttchart

これで家庭菜園の作付けカレンダーを作ってみたいと思います。

pdfにしてアップしたので、よかったら使ってみてください。

2018年 → WeekNumGanttChart2018

2017年 → weeknumganttchart2017

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする