万年筆 ヌードラーズインクのエイハブを買って1年とすこし経ちました。

万年筆は、パイロット カクノとか、ペリカーノJr.とか、お気軽なものしか持ってなかったんですが。

公式YouTubeを見ていると感じられるインク愛、パッケージの絵のインディーズ感(?)にやられて、Noodler’s Ink というメーカーの 「Ahab」という万年筆とインクを買ってみました。

ヌードラーズインクとは

メインはインクメーカー。100% made in USA を お手頃価格で、がモットーらしい。

インクの値段が高すぎて、手ごろな価格の高級ペンが長期的な経済性の面で(BICなどのボールペンに)負けてしまうようなことがあってはなりません。

だそうです。

日本で買うと、そこそこのお値段になっちゃうんですが、応援?のつもりで買いました(笑)

開封の儀

この、インディーズ感? 嫌いじゃないです(笑)

中身

中身は、ペン本体と説明書。

説明書は、ペンのメンテナンス方法などを書いているみたいだけど、その裏はモビーディックとエイハブ船長のイラスト(笑)

本体

普通はペン先中央ぐらいまでしか入っていない切り割りが、軸部分まで入っています。これが、柔らかさの秘密?

このインク吸入器の部分を外して、軸一杯にインクを入れる事もできるようです。

ここまでは、開封時写真。なぜか、全体を撮っていなかったです(汗)

ここからは、購入後1年とすこし経過した状態。

インク

せっかくインクを使うなら、濃淡が出る方が好き。
ブルーブラックは試した。
あまり淡すぎると見づらい。

ということで、レキシントングレーという色を購入。

絵の得意な小学校高学年が描きました、的なパッケージがなんとも良いです。

インク瓶のラベルは、クラシカルな雰囲気。かなり満タンにインクが入っています。

充填

インク吸入は、よくみかける回転吸入式ではなく、プランジャー式。

試し書き

紙は、アピカのCDノート。結構しっかりした紙だけど、一部裏抜けしてます。

いいところ

線の強弱がつけられて楽しい

なぞるように書くと、普通に細い線、力を入れて書くと太い線(インクがたくさん出てその結果、線が太くなる感じ)。でも、筆圧での線の太さは、コントロールが難しい。

ざんねんなところ

軸?が臭う

なんというか、チーズ系?の匂い。常に匂っているわけではなく、たまにふわっと。

インク出過ぎ

力を入れて書くとインクがたっぷり出るので、紙によっては裏抜けしてしまいます。

上の試し書きのように、インクがポタッと落ちるときも。

というわけで

裏抜けが好きではないので、普段遣いはしてないけど、A3ぐらいの大きい紙でアイディアを書き出すときとかは、好んでエイハブを使っています。

ヌードラーズインク エイハブ
created by Rinker

スポンサーリンク