FELTのグラベルロードVR40でちょっとしたオフロード(山道)を走ってみた

FELTのグラベルロードVR40で、ちょっとした山道を走ってきた。

車体は完全ノーマル。タイヤもデフォルトの28cのままで、空気圧も舗装路を走る時のまま。しかも、ライダーはオフロードは未経験。押して歩いたところもあったけど、なかなか楽しかった !

スポンサーリンク

FELT VR40とは

VRは、ハイスピードなトップレースとダウンヒルコースのようなオフロード以外であれば、これ1台で全てのライディングに対応します。広いタイヤクリアランスを確保しているため、ブロックタイヤを装備することでオフロードにも対応します。ペダリングの反応性に必要な横剛性はレーシングバイクと同等レベルまで高めて設計しているので、23Cタイヤを装着しハンドルを下げればレースにも対応します。

メーカーページより

グレードごとの大まかな違いは以下。

フレームタイヤ固定BBコンポブレーキ
VR2良いカーボンスルーアクスルBB386Ultegra Di2油圧ディスク
VR3Ultegra
VR5カーボン105
VR6Tiagra
VR30アルミ105
VR40Tiagra機械ディスク
VR50クイックリリーススレッドSora
VR60Claris

グラベルロードのタイヤは30c~40cあたりが多い。VRは28cなので、少しロード寄り。

FujiのJARIとか、JamisのRENEGADEとか、KONAのROVEあたりの「ザ・冒険」なグラベルロードも気になったが、舗装路の自転車通勤と、たまのロングライド・ツーリングが目的なのでVRを選択。

走ったのはこんな道

技術が未熟で、落ち葉が落ちたふかふかの坂だと後輪が空回り。タイヤの空気を少し抜いておけばよかったかも。

こういう坂はギア比1のありがたさを感じる。しかし、結局、斜度がきつい部分は押して歩いた。


先週の台風の影響?道が崩れてた。ここはさすがに自転車を担ぐ。スローピングフレームで前三角が小さめなので担ぎにくいかと思っていたが、意外と担ぎやすかった。ちなみにフレームサイズは51。

台風の名残で軽くぬかるんでいるところも。リムまで沈む程ではなかったが、ディスクブレーキなので不安なく進めた。でも、まともに走れないので、また押して歩く。

木の根っこが地面に出てきて凸凹な道。慣れたら乗ったまま走れそうだけど、念のため押して歩く。

道沿いの水たまりに、人の頭らしきものが !

よく見ると人形の頭、多分ヘアカット練習用のヤツ。


写真ではわかりにくいが、イノシシが掘り起こした跡があちこちに。

テレビに出てきそうなぐらいに緑色な池の横を抜け、


不気味な廃墟の横を通り抜け、


出口に到着。

あ、VR自体の写真を撮り忘れてる(汗)

というわけで

28cのままのVRでも、思っていたより不安なく走れた。

実質、山道を走ったのは、30分ぐらい? しかも、2割は押し歩き。

でも、舗装路を長距離走るのと同じぐらいの非日常感が、山道だと少し走っただけでも味わえてコスパいいかも。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする