実録!Google Adsenseの審査 合格への道のり

2016年10月19日、Google adsenseの審査通りました!!!

2次審査が復活して審査基準が厳しくなったと言われる2016年5月以降です。

あまりにものんびりやってたので参考にならないかもですが、審査通過までの経緯をまとめました。

スポンサーリンク

5月17日

minibirdで、レンタルサーバ作成、WordPressインストール。
スタードメインでドメイン取得。

7月25日

ようやく、1つめの記事作成。

8月24日

Google Adsenseの申し込み。22時前に審査申し込みをして、1次審査完了のメールが届いていたのが2時半。5時間弱。

この時点のブログの状態は以下。

記事の内容

記事数 7。
記事の内容は、遊びに行った場所の情報とか、使っている商品のレビューとか。
1記事あたりの文字数は、

  • 最少500文字
  • 最多1700文字
  • 平均1100文字

いくつかのブログを参考にして以下の方針で作成。

  • テーマはいじらない。
  • リンクは貼らない。
  • 画像は貼らない。
  • Twitterなどのシェアボタンは貼らない。

WordPressの設定

テーマはTwenty Sixteen。

プラグインは

  • All In One SEO Pack
  • WP Multibyte Patch
  • Akismet

アクセス状況

8月中のアクセスは300ビューぐらい(日ではなく月の)。
(minibirdのアクセス解析「表示ページ」からカウント)

2つ目の記事で、ちょうど日本で配信が始まったポケモンGOの事を書く。ほぼその記事へのアクセス。

※今は画面イメージを入れてます

8月26日

設定に手間取り、審査用のAdsenseコードは2記事にだけ貼り付け。

審査期間中なのに追加した記事はこの日の1つだけ。

8月27日

以下の内容の不合格通知が来た!

承認されなかった理由は次のとおりです。

不十分なコンテンツ: AdSense の承認を得てサイトに関連性の高い広告を掲載していただくには、AdSense の担当者による審査とクローラによる解析でページの内容を判断できるだけのテキストがページに含まれている必要があります。

この問題を解決するには、次のヒントをお試しください。

  • ページで十分なテキストを使用してください。画像や動画、Flash アニメーションがほとんどを占めるウェブサイトは承認されません。
  • コンテンツには、タイトルだけでなく、意味のある文章や段落が含まれている必要があります。
  • ウェブサイトは、AdSense にお申し込みいただく前に作成を終え、公開した状態にしておいてください。サイトがベータ版や「作成中」である場合や、テンプレートの要素しかない場合は、お申し込みにならないでください。
  • 広告コードは、ウェブサイトの有効なページに配置してください。メインページでなくても構いませんが、AdSense 広告コード以外に何もないテストページは承認されません。
  • ユーザーがウェブサイトのすべてのセクションやページを簡単に見つけられるよう、わかりやすいナビゲーションを提供してください。
  • YouTube 動画を収益受け取りの対象にしたい場合は、YouTube 収益受け取りプログラムにお申し込みください。動画のみのブログやウェブサイトは承認されません。

10月19日

再審査の申し込み。3時間後に
「Google AdSense によるお申し込み内容の審査が完了しました」
のメールが届く!!

前回から、この日までに変更した内容は以下。

運営者情報を追加

一応、独自ドメインのメールアドレスも記載。

プライバシーポリシーを追加。

これが一番大きかったと思われる。

というかプライバシーポリシーは必須の内容だったみたい。書く内容としては以下。

  • 「Google Adsenseを使ってます」という意味の文章と、http://www.google.com/adsense/start/ へのリンク
  • 「Cookieを使って、サイトへのアクセス情報を収集して広告を配信します」という意味の文章
  • 「その広告は設定で無効にできます」という意味の文章と、https://www.google.com/settings/u/0/ads/authenticated へのリンク

記事を追加

といっても、2記事だけ。1記事あたりの平均文字数800文字。

審査用のAdsenseコードをすべての記事に追加

2記事だけにしか審査用Adsenseコードを追加してなかったので。あまり関係ないかも、とは思いつつ。

「広告コードは、ウェブサイトの有効なページに配置してください」に対して。

ウィジェットを追加

タグのみにしていたので、検索、最近の投稿、アーカイブを追加。

「ユーザーがウェブサイトのすべてのセクションやページを簡単に見つけられるよう、わかりやすいナビゲーションを提供してください」に対して。

というわけで

今回、このブログがGoogle Adsense審査に合格した時点の状態は

  • 運営者情報(独自ドメインのメアドも記載)
  • プライバシーポリシーにAdsenseに関する記述
  • WordPressのウィジェットは「検索」「タグ」「カテゴリー」「最近の投稿」
  • 10記事、平均文字数1000文字
  • 月間ページビュー300ぐらい
  • テーマはデフォルトを使用、画像、リンク、シェアボタンは無し(あっても審査を通過した例はある模様)

でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする