【刈り始めまでのハードルの低さが魅力】マキタの充電式草刈機 MUR185UDRF 【家庭菜園ist向け】

先日、始めて充電式草刈り機を使いました。マキタの MUR185UDRF。

おそらく学生時代に、家の手伝いでエンジン草刈り機を使ってから20年以上ぶり。
草刈り機も進化してた。

スポンサーリンク

結論から言うと

今日は早起きできたので、
出勤前に、
前から気になっていた、あそこの草刈りをしよう !!

という気にさせてくれる、手軽さが、個人的には一番のポイント。

充電式だけど、家庭菜園レベルならバワーも十分。

各部詳細

ヘッド


モーターが収まってます。

ハンドル


右ハンドルにスイッチ・インジケーターが集中。

上がインジケーター、下がスイッチ。

左ボタンを長押しすると、電源オン。
左ボタンを普通に押すと、低速→中速→高速→楽らく→低速と動作モード切り替え

右のRは逆回転ボタン。草が絡まった時に。


写真は左が前側。
後の安全トリガーを押し込んでいないと、前の回転トリガーがひけないようになってい仕組み。回転トリガーはオンオフのみ。

バッテリー部


バッテリー結合部はこんな感じ。


下面に、アーレンキーをセット可能。

付属部品

  • バッテリー
  • 充電器
  • 六角レンチ
  • ボックスレンチ
  • 防護メガネ
  • 肩掛けベルト

防護メガネが付いてるのが、嬉しい気遣い。

良かった点

手軽さ

個人的には、これが一番大きなメリット

エンジン式
  • 混合ガソリンを作って(買って)
  • 燃料タンクに入れて
  • チョークを調整して
  • スターターの紐を引っ張る。
  • 刈り終わったら、ガソリンは使い切るか抜いておく。
  • エンジン音がするので、時間帯を選ぶ。
電動コード式(非充電)
  • 草を刈る場所まで延長コードを引っ張っていく
  • 刈り終わったらコードの片付け

慣れた人にはちょっとした事かもだが、それがハードルになって、ついつい草ぼうぼうに。

充電式
  • バッテリーをセットして
  • 電源スイッチを押す

これだけ。この手軽さが「ちょっと草刈りしよか」という気にさせる。

静かさ

キュィーンと言うモーターの音と、刃が草に当たる音だけ。

早起きして出勤前に草刈りできる。

楽らくモード

初心者なので、どれぐらいの草に、どれぐらいの回転数がいいのかわからない。

楽らくモードは、刃に抵抗があると回転数が上がり、抵抗が無くなると回転数が下がる。
確かに、楽らく!

気になった点

右ハンドルのスイッチ

スイッチを握る右手に、無意識に力を込めてしまう。
慣れの問題、もしくは、ハンドル位置とかの調整不足だと思うが。

楽らくモード

楽らくモードで、地面すれすれまで草を刈っていて、誤って地面に刃が当たると、その抵抗で刃の回転数が上がる。

何度も地面に当ってると、不要にバッテリーを消費してしまい稼働時間の短縮になりそう。

まあ、草刈りの腕をみがくとか、通常の中速モードにしておくとかで対応はできそうだが。

ヘッドの通気口やネジ穴

ロゴの下にある通気口や、反対側にあるネジ穴に草が詰まる事が。

説明書には「通気口は塞がないように」と書いてあったが、もう少し詰まりにくいデザインだったらよかったかな。

お値段

充電器バッテリー付きのMUR185UDRF が、34,000円ぐらい。
エンジン式の26ccクラスが買える。

充電器バッテリー別売りのMUR185UDZ が、23,000円ぐらい。

手軽をとるか、パワーと稼働時間をとるか。

意外と大丈夫だった点

パワー


充電式だから太めの雑草までしか刈れないかな、と思っていたが、これぐらいの枝は難なく切れた。

運転時間

商品説明によると、稼働時間は

  • 高速:約35分
  • 中速:45分
  • 低速:約1時間50分

以下の条件で、バッテリーが切れるまで使ってみたら40分だった。

  • 初心者
  • 細い雑草メイン、時々太い茎の雑草、時々細い枝、たまに石や地面
  • 少し高めに刈った(地面に刃が触れにくいように)

エンジン式草刈り機の稼働時間は50~80分ぐらいだが、40分持てば、家庭で使うには十分かな。いざとなれば、予備バッテリーを用意すれば、稼働時間を倍にできるし。

というわけで

先日も、休日に1時間ほど時間ができたので、ちょっと草刈りしました。

草刈り開始までのハードルが低いので、合間を見つけて、ちょっとずつ草刈りできる。
僕は面倒くさがり屋なので、この点のポイント高い!

静かで、パワーもそれなりにあるし。

出勤前など、時間をやりくりして作業している家庭菜園istには、アリな選択肢だと思う。

バッテリ・充電器付↓

充電器バッテリー別売り↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする