前回炎上してしまった植木鉢ストーブ、今度は燃えないように再挑戦

前回からの変更点

前回は、こんな感じで燃え上がりました(汗)

植木鉢の下にしいていたのは、写真左の金網。なので下にできる隙間は、1cm弱。

薪ストーブでは、着火直後は空気をたくさん入れて薪を燃やします。そして、ある程度温度が上がったら、入ってくる空気で温度が下がらないように 、空気孔を絞ります。 そうすると、さらに温度が上がっていきます。

植木鉢の下が1cm弱というのは、薪ストーブで空気を絞った状態と同じじゃないかと思う訳です。そのせいで、植木鉢内の温度が上がりすぎ、ロウが気化して燃え上がったのでは、と。

なので、今回はレンガで3cmぐらいの隙間をつくってみました。

実験結果

今回も、玄関の土間で実験。

無事、炎を吹かずに最後まで燃えきりました。

左の写真の位置に温度計を置いて測ってみました。

時間気温
10:4920.74
11:0420.74
11:2120.55
11:3621.30
11:5122.21
12.0622.01
12:2221.09
12:3721.03
12:5220.89
13:0720.81
13:2220.84
13:5520.70

燃焼時間は、約2時間。気温の最大上がり幅は、約1.5度。

というわけで

冷えた手をかざして温めるのには使えたけど、そこそこ近くにいても「室温が上がった!」と体感出来るほどではなかったです。密室にできない、天井が高い、床がコンクリート、な玄関の土間での実験というのもあったかもですが。

そして、

植木鉢ストーブをするなら、鉢下の隙間は 3cmはとるべし。

でした。

スポンサーリンク