超薄い財布 テニュイス2 を1年ちょっと使ったわけだが

sola帆布さんのテニュイス2を、去年の2月上旬に購入して、1年ちょっと使ってきた。

スポンサーリンク

結論からいうと

別の財布に買い換えようと思う。

気になる所

帆布の耐久性

利用状況は、

  • アウターを着ない季節の休日外出は、尻ポケット。
  • 尻ポケットに入れたまま座る事はしない。
  • それ以外は、手持ちか、服のポケットか、カバンの中。

購入時

この写真だけ、撮ったカメラと背景が違う。

半年使用後

ゴムバンドや中身の影響で、フチが波打ってきている。

1年使用

半年前より、ひっかいたような跡が増えた。一緒に持ち歩く鍵束にキーホルダーが増えたから?

折り目のフチが破れて、芯材が見えてきた。

小銭入れが使いにくい

硬貨を見渡しやすい箱マチの小銭入れ + 新素材で薄い= 最強の組み合わせ!

だと思っていたが、プラスチック素材は折りたたんだ状態に戻ろうするので、しっかり広げないと逆に取りにくい。以前に使っていた箱マチの革財布は、軽く広げるだけでもっと大きく開いていた。

というわけで

ほぼ電子決済だったら、小銭入れの使い勝手は問題にならないかも知れない。プラスチック素材の悪い面だけを書いたが、それを使うことで、革ではできない薄さと軽さを実現できているという良い面も。

テニュイス2については、別の財布に買い換えようという結論になった。しかし、sola帆布さんには、今後も帆布や特殊プラスチックやタイベックスなど、今まであまり財布に使われていなかった素材に挑戦していって欲しい。

新しい財布を物色中

結局、以前使っていた財布を再び使うことにした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひゅうい より:

    半年以上前のエントリに今更のコメントご容赦ください。
    私もテニュイスのファンで1, 2と使ってきたので、同じ製品を使ってらした方がいて嬉しくなり思わず書き込んでいます。
    sola帆布さんに修理依頼までして使い続けてきましたが、現在に至ってはほぼ同じ感想です。そろそろ潮時かなと・・・。
    ミニマリストを気取るわけではないですが、日本のキャッシュレス化が進めば「薄い財布」を探し続ける気苦労も減るんでしょうけどね・・・。
    2020年のオリンピックでますますインバウンド需要が増えそうなのを見越してか、最近お上もその方向に少し前向きになったようで期待してるところです。

    • ケロ より:

      ひゅういさん、コメントありがとうございます!

      SOLA帆布さんの新しい財布「Litt」も気にはなるんですが、
      一旦距離をおいて別メーカーの財布を使ってみようと思います。

      確かにオリンピックに向けてキャッシュレス化は進みそうですけど、
      クレジットカード、suicaなどの電子マネー、Tやdなどのポイント、さらにQR決済、と
      いろいろな支払い方法が乱立して、店ごとに使える使えないがあり
      結局「どこの店でも使える現金が便利」とか、なっちゃわないですかね(笑)