リヒトラブのアコーディオンポーチ ミニを財布にする

以前は、こだわって色々な財布を試していたけど、最近はこのぐらいで良いかなと思いはじめました。

外側

フラップはボタン留めです。

素材は 国産帆布「富士金梅」

革製のタグがついています。

ハトメが2つあり、付属の紐を通してポーチのように使えます。

紐は140cmぐらいで伸縮性あり。

内側

素材は、ポリエステル。でも、あまりツヤツヤしていなくて落ち着いた感じです。

収納は

  • マチなしポケット
  • ファスナ付きポケット
  • アコーディオンポケット2つ

アコーディオンポケットは蛇腹を利用すれば、4区切りとして使えそうです。手前側にメッシュポケットあり。

収納してみる

  • 紙幣3枚(三つ折り)
  • 硬貨10枚
  • 厚めのカード7枚(クレジットカードなど)
  • 薄めのカード7枚(診察券など)

を収納しました。

良さそうな点

全て見渡せる

フラップを開けると、全てにアクセス可能。紙幣はこっち向き、カードを取り出すには回転させて…などが不要。

大きく開く

DSC_1703

気になる点

紙幣は三つ折り以上

二つ折りだと、これぐらいはみ出します。

でも、キャッスレスの影響でコンパクト財布を使う人が多いのか、手元にあった紙幣の6割は、すでに三つ折りの跡がついてました。

ファスナー付きポケットは非常用

あまり開かないので、小銭は取り出しにくし。

フラップの上に滑り出させるという手もあるが。

というわけで

めちゃめちゃコンパクトというわけではないけど、小ささと使いやすさのバランスが良さそうです。

しばらく使ってみて、使用感などを追記していきます。

リヒトラブ アコーディオンポーチ ミニ
created by Rinker

スポンサーリンク