大根の実(さや大根)を食べてみました

「大根の実は食べられる」という情報を見て、種取り用に残しているダイコンの実を食べてみました。が…。

スポンサーリンク

さやダイコンとは?

大根の実。種ができ始めの柔らかい莢を食べるそうです。

収穫

莢は、すでに黄色くなり始めていて、表面も筋っぽい感じになってます。できるだけ若そうな莢を収穫。

左から、 二十日大根・聖護院大根・青首大根の莢。

それなりにツヤがあるのは、二十日と聖護院に1つづつというのが不安なところ。

莢の形は、青首は長めで、他は丸っぽい。色も、二十日大根だけ赤め。莢と根は、同じ傾向になるんでしょうか?

調理

スナップエンドウみたいに、耐熱皿に入れてレンジでチン。

すると

あ~(汗)
ツチノコ?

二十日大根だけは、かろうじて食べられそうな感じです?

実食

青首大根

皮はパサパサで、繊維質。なんとか飲み込もうと、しばらく噛みましたが、青臭さでエヅイてしまいギブアップ。

聖護院大根

ツヤがあった莢は、少し食べやすいです。大根ぽい香りもします。

二十日大根

こっちもツヤがあった方の莢。スナップエンドウに近い食感?

というわけで

やはり、収穫時期が遅すぎたのか、莢が筋っぽいものが多く、あまり美味しかったとは…。

来年は、もう少し早い時期に収穫してみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする