【2019年1月アップデート不具合】根本的に、Windows7が再起動を繰り返す問題を解決する方法

2018年3月以降、月例のUpdateがあるとWindows7が再起動ループを繰り返し、そのたびに原因となるアップデートを削除していました。
それが、半年続いて嫌気が差し、しっかり調べてみたら、ようやく根本的な解決策がわかったので手順を記録しました。

スポンサーリンク

結論から言うと

HASPというUSB機器のドライバを、最新に更新したら改善しました。

以下の方法で改善すると思われるPCの条件

  • OSが、Windows7 32bit
  • HASPのドライバが入っている(確認方法は下記参照)

毎月 Windows Update 後に、再起動を繰り返す理由

ソフトの不正起動などを防ぐ為のUSBセキュリティ機器「HASP」で使われているドライバと、Windows Updateの中にある機能の相性が悪いのが原因のようです。

HASPメーカー側が、問題発覚後の早い段階でドライバを修正して対応したようです。

ただ、Microsoft側は「ウチに非はないので対応はしない」ということで、何も対処していないプログラムを毎月Updateに含めるので、HASPドライバの対策をしない限り、ずっと同じ症状が続きます。

改善までの手順

  1. 問題のアップデートをひとまず削除
  2. HASPドライバを無効化 or 最新に更新
  3. Windows Updateしなおし

問題のアップデートを削除

safeモードで起動

再起動を繰り返す途中、黒い画面で

windowsが正しくシャットダウンされませんでした。

セーフモード
セーフモードとネットワーク
セーフモードとコマンドプロンプト

Windowsを通常起動する

の選択画面が出るので「セーフモード」を選択して起動。

原因となるアップデートを削除

「コントロールパネル」を開いて

「プログラムと機能」もしくは「プログラムのアンインストール」をクリック

左側の「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック

右上の検索窓(「インストールされた更新プログラ…」と表示されているところ)に、「KB4507449」(セキュリティマンスリー品質ロールアップ)を入力

1件だけに絞り込まれるので、選択して「アンインストール」をクリック。

再起動。

それでも再起動ループが起こるなら、再度、SAFEモードで起動して、過去のKBを検索、もし見つかれば削除してみてください。

年月 KB
2019年 7月 KB4507449
2019年 6月 KB4503292
2019年 5月 KB4499164
2019年 4月 KB4493472
2019年 3月 KB4489878
2019年 2月 KB4486563
2019年 1月 KB4480970
2018年12月 KB4471318
2018年11月 KB4467107
2018年10月 KB4462923
2018年9月 KB4457144
2018年8月 KB4338821、KB4343900
2018年7月 KB4338818
2018年6月 KB4284826
2018年5月 KB4103712、KB4103718、KB4103713
2018年4月 KB4093108、KB4093118、KB4093113
2018年3月 KB4088875、KB4088881

HASPドライバーの対策

ドライバの有無を確認

「コントロールパネル」を開いて

「管理ツール」もしくは「システムとセキュリティ」→「管理ツール」をクリック

「サービス」をクリック

「Sentinel LDK License Manager」を探す。(並んでいる項目のどれかをクリックした後、「S」キーを押すと、Sで始まる項目まで移動するので探しやすい)

使っていないならドライバを無効化

HASPという機器を、あきらかに使っていないなら、

↑の画面で「Sentinel LDK License Manager」を右クリック

「プロパティ」を左クリック

「スタートアップの種類」を「無効」に変更

「OK」をクリック

HASPを使っているかどうかわからない場合でも、一旦無効にして影響が出るソフトがなければOKだと思います。

※10/21追記 コメント欄で教えてもらったんですが、Sentinel LDK License Manager を無効化しても、再起動ループは改善しない場合もあるようで、最新のドライバーをインストールしたら解決したそうです。

使っているなら最新版ドライバーをインストール

メーカーのページからドライバをダウンロード

僕の環境の場合「Sentinel HASP/LDK – Command Line Run-time Installer」をダウンロードしました。別のPCでは「Sentinel HASP/LDK Windows GUI Run-time installer」だったようです。

おそらく、後者のGUI Run-time installerの方が使われている割合は多いとおもいますが、HASPを使っているソフトによって必要なドライバは変わるはずなので、システム管理者やソフト開発元に確認を。


リンクをクリックすると使用許諾契約書が表示されるので、一番下までスクロールして「I Accept」をクリック


「Click here to download file」右のリンクをクリック


また使用許諾契約書が表示されるので、一番下までスクロールして「I Accept」をクリック。

これでようやくダウンロード開始。ドライバをインストールしてください。

Windows Updateしなおし

「コントロールパネル」を開いて

「Windows Update」もしくは「システムとセキュリティ」→「Windows Update」をクリック

「更新プログラムのインストール」をクリック

動作確認

PCを立ち上げ直して、再起動を繰り返す症状が収まっているなら、

ようやく無限再起動地獄からの脱出完了!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 7 の 32 ビット (x86) 端末で再起動を繰り返す場合の対応 【2019年1月アップデート不具合】根本的に、Windows7が再起動を繰り返す問題… ただ,これらと違うのは OS が 64 ビット. […]

  2. 名無し より:

    私もこちらの記事のおかげで再起動ループから抜けられました。
    ただ、Sentinel LDK License Managerを無効にしただけでは改善せず、
    HASPのドライバをアップデートしたら直りましたので報告しておきます。

    • ケロ より:

      コメント、情報ありがとうございます!
      本文の方に追記しておきます。

  3. 大塚明夫 より:

    お礼を言わせてください
    私も同じ症状で悩まされてきましたが、こちらの記事のおかげで解決できました。
    有難うございました。

    • ケロ より:

      大塚明夫さん、そう言ってもらえると、うれしいです!
      コメントありがとうございます!