混雑する時期に、愛媛県立とべ動物園へ行くときのポインツ

混んでるかなと思いながら、ゴールデンウィークに愛媛県立とべ動物園へ行ってきた。

なかなか良かったが、確認不足で逃してしまったイベントも。ポイントをまとめてみた。

スポンサーリンク

とべ動物園とは

愛媛県伊予郡砥部町にある愛媛県立の動物園。愛媛県総合運動公園内に位置している。

敷地面積(11.2㏊)・内容ともに西日本有数の動物園である

wikipedia より

ポインツ

東から高速道路で行くなら川内ICで降りる

松山ICで降りると、国道33号線に合流する交差点がかなり混雑。赤信号を5、6回待った。

松山ICで降りても、川内ICで降りてもGoogle Map上の時間は同じぐらいなので、渋滞が嫌いな人は川内ICで降りた方が良さそう。

駐車場は早い時間から満車になるが、大丈夫

9時半に到着すると、とべ動物園の駐車場はすでに満車(汗)

1kmぐらい離れた愛媛総合運動公園の東駐車場へ誘導され、無料シャトルバスで動物園へ。

バスの外観は、ライオンやトラで、娘もよろこんでいた。3台で回していたようで、待ち時間もほぼ無し。これはこれで有りだった。

レストランも混む

11時半にレストランへ行くと、すでに40分待ち。

しかし、近くに屋台が出て焼きそばや唐揚げなどを販売していた。こちらも行列ができていたが、さほど待たずに食事にありつけた。

ライオン舎前の芝生で、持ってきた弁当を食べる家族も。

食事に時間を取られて、動物を見る時間が減るともったいないので、次は弁当持参で来よう。

あの都市伝説は本当だった!

「愛媛では蛇口をひねるとみかんジュースが出る」は、本当だった!

食事の屋台で100円で紙コップを買い、蛇口からみかんジュースをおかわり自由で飲める。さすが愛媛県!

「ライオンウォッチング」は左端に陣取る

14:30からライオン舎でガラス越しに、間近で餌を食べるライオンを見られるイベントがある。

ガラスが4枚あり、左端だけかなり汚れていて少し見えにくい。が、餌は左端のガラス前に落ちてくる。ガラスの汚れはライオンの↓足跡だったわけで、見るなら左端で。

オランウータンの綱渡りは、運が良ければ時間外も見れる

12:00になると、オランウータンが舎から空中に張られたロープを渡って遊具?へ移動する。

この時は見逃したが、オランウータンは気まぐれで舎に戻ったり遊具に行ったりしているようで、14:00と15:00ぐらいの2回綱渡りを見れた。

ロープの下には、ネットなど一切なし。猿も木から落ちる、て言うし、あの巨体が落ちてきたら下にいるお客さんは大怪我するんじゃ?というハラハラ感満載。

「トラの採食シーン見てみよう」は、微グロ

鶏の形が残った肉に齧りつき、骨を噛み砕く音も聞こえてくる。

肉食動物の自然の営みなので、あたりまえなの事なのだが、小さい子どもにまだ見せたくない親御さんは要注意。

エサの自動販売機は早めに

食べ過ぎ防止のために、エサの自動販売機は数量限定。のんびり見て回ったからか、見つけた自動販売機は全て売り切れ状態。

餌やりしたい動物がいるなら、先に行った方が良さそう。

ふれあい広場は、時間が決まっているので注意

ふれあい広場は時間が決まっていて、11:00~11:45,13:00~13:45,14:00~15:00(2018年5月時点)。

順路通りに進むと最後の方。僕らはかなりゆっくり見て回ったので、到着したのは16:00前。既に終わっていた(泣)

15時半ごろから終了ムードが漂い出す

公式ページにも書いているが、15:30ぐらいからエサやりの為に見れない動物がでてくる。16:00過ぎぐらいから、掃除が始まるオリも。

なので15:30までに、ひと通り見終われるスケジュールで。

というわけで

↑危うく触りそうになるぐらい、普通に展示しているゾウのウンチ

行ったのは5月5日の土曜日だったが、曜日ごとに違ったイベントをやっているみたい。次は日曜にやっている「キリンの瞳に大接近」狙いで、また行きたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする