ニューレオマワールドのクリスマスイルミネーション「レオマ光ワールド」を見に行って気付いたポインツ

2017年12月23日(土)。クリスマスなので、香川県にある遊園地「レオマワールド」のイルミネーションを見に行ってきた。クリスマス限定のオーロラショーと花火ファンタジアも。

「まあ香川の遊園地だし…」とあまり期待せずに行ったが、全国イルミネーションアワードを3回受賞しているらしく、なかなか良かった!

気づいたポイントをまとめてみた。

※2018/2/20 帰りの渋滞を抜け道を追加

スポンサーリンク

レオマワールドとは

香川県丸亀市綾歌町にある遊園地。広さ 69万㎡。27年度来場者数 99万人

ポインツ

イルミネーションを見ることをメインに

  • 17時ごろ入場
  • フリーパスは買わない

の想定で考えてみる。

17時より少し早く到着して、ETC割引で通常チケットを購入する

チケットの種類と買い方

オリエンタルトリップという、アジアの建物を再現したエリアがある。360度プロジェクトマッピングはこのエリアでやっている。入場するには、通常の入場券ではなく、ワイド入場券が必要。

またチケットの買い方は通常の他に3種類かあって、価格が変わってくる。

  • 事前にコンビニで購入する前売り
  • チケット売り場でETCカードを提示するETC割引
  • 17時以降入園専用だが価格が安いウィンターイルミ限定チケット(2018/02/28まで。12/31は除外)

表にまとめるとこんな感じ↓

大人
(中学生以上)
小人
(3歳~小学生)
通常 入園券 1,600円 1,100円
ワイド入園券 2,100円 1,600円
前売り 入園券 1,440円 990円
ワイド入園券 1,890円 1,440円
ETC割引 入園券 1,100円 600円
ワイド入園券 1,600円 1,100円
ウィンターイルミ 入園券 1,300円 800円
ワイド入園券
1,600円 1,100円

価格が安い買い方は

表にするとこうなる

  オリエンタルトリップへ入場
する しない
ETCカードを 持っている ウィンター、ETC ETC
持っていない ウィンター ウィンター

ちなみに今回は

17時ちょうどぐらいにレオマリゾート付近に到着。

駐車場は、AからJまであって、段々入場ゲートから遠くなる。今回は、C駐車場にはギリギリ停められず、Dに駐車。

そこから歩いてチケット売り場に着いたのが、17時20分。結構な行列ができていて、入場できたのが、17時40分ぐらい。

17時前後はウィンターチケットの入園者が集中して、売り場が混雑する模様。

これらを踏まえて…

ウィンターチケットで混雑する時間帯を外し、17時より早めにETC割引で通常チケットを買うのが良いと思われる。

360度3Dマッピングを見るなら、食事の時間に注意

オリエンタルトリップのモスクで、西日本初の360度3Dマッピングが上演される。時間は18時19時20時の3回。

その近くに、ラーメン祭りの店舗がある。

そうなると当然、上演の少し前にラーメン祭りで食事をしてから、マッピングを見ようと思い、16時30分ぐらいに注文の列に並ぶ(先に注文と支払いをしてから席に着くシステム)。しかし、同じことを考えた人が沢山いて混雑。列は進まない、注文してもラーメンが来るまでに時間がかかる、で結局マッピングは見れず(泣)

もう少し早めにラーメンを食べるか、別の場所で食事を済ませてからマッピング会場に来たほうが良さそう。

オーロラショーと花火ファンタジアをよく見たいなら、早めに場所取り

20時30分から「軌跡のオーロラショー」、20時40分から「花火ファンタジア」

会場のマジカルストリートへは20時25分着。花火が上がる運河側に行きたかったが、すでに人だかりで前に進めず。人垣越しに見たので、背が低めの奥さんはあまり見えなかったみたい。

おそらく20時ごろから場所取りしておいた方が良さそう。

花火の時間は短いけど、近くで上がるし、連続で上がるので、娘も大はしゃぎで見ていた。

帰り道は混むので、この交差点で曲がる

21時ごろに帰り始めて、21時40分でこの辺り。Google Mapの渋滞情報は赤を通り越して、黒くなってる。

東に帰りたい場合は、この交差点で右折すれば渋滞を避けられそう。西に帰りたい場合は、左折すれば良いと思うが、道が細いかなり細そう。

※後日ストリートビューで調べたので、実際にこの道を通ったわけではない。

というわけで

レオマリゾートのイルミネーション、思っていた以上に楽しめた。

今回は、娘がまだ小さいので遊具には乗らなかったが、次回はイルミ+遊具で今回以上に楽しめそう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする