筋トレがつまらないなら、インディアンクラブをやればいいじゃない

腕立て伏せやスクワットしてみました。ダンベルや腹筋ローラーも買いました。でも、どれも継続できていません。

筋トレをする目的があいまいだとか、効果が出るまでにタイムラグがあるのに待てないとか、理由はいろいろあると思うんですが、個人的にはトレーニングの動きが単調でつまらないというのが大きいです。

見た目でわかるぐらい筋肉がついてくれば、それがモチベーションになると思うんですが、そこに行き着くまでに飽きてしまう。

そんなときYouTubeで、華麗に棍棒を振り回すインディアンクラブという楽しそうなトレーニングを見つけ、始めてみました。

あれから4ヶ月、徐々にいろんな動きが出来るようになるのが楽しくて、飽きずに続けられています。1回15分、週2回ぐらいのペース。

3ヶ月目の頃には、Tシャツの上からでも背中がガッシリしてきたのがわかる、と言われました(もとがガリなので、差がわかりやすい?)

スポンサーリンク

インディアンクラブとは

まあ、まずはこれを見てください。かっこよくないですか?

インディアンクラブは、古代インドやペルシャで兵士の訓練に使われていたと言われるトレーニング器具。アメリカ陸軍でもトレーニングに取り入れられていたようです。

見た目は、ジャグリングで使うクラブに似ていて、重さは1ポンド、2ポンド(約0.5kg、1kg)がメイン。

そんな重さじゃ軽すぎ、と思うかもですが、重心が手から離れているのでテコの原理で負荷が増え、振り回すので遠心力で負荷が増えます。

上の動画は、1ポンドを使っているようですが、このスピードで振り回すと結構な負荷になると思われます。

こんな人におすすめ

  • アクション映画を見た後、ヌンチャクの練習した事がある人
  • ペン回しやケン玉のような、新たな技を覚えていく遊びが好きな人

クラバーへの道

かっこいい動画を見てテンションを上げる

youtubeで「indian clubs」と検索すると、たくさんの動画が出てきます。

道具を揃える

クラブが必要です。

僕は、最初ダンベルで自作したんですが、結局インディアンクラブを買い直しました。重量バランスや形状からくる、持ちやすさ、回しやすさが全然違います

重さの目安は

  • 1ポンド 女性、非力な男性
  • 2ポンド トレーニングしている女性、男性
  • 3ポンド トレーニングしている男性

だそうです。僕は、2ポンドを使っています。

まずは簡単な動作を

まずは、このあたりのシンプル動作を。

これだけでも、普段一切トレーニングをしていない僕には、なかなかキツかったです。

徐々に複雑な動作を習得していく

インディアンクラブの基本となる、内回し外回しの動きです。

これを左右組み合わせて、内内、内外(外内)、外外の3通り。これを同時に回すのと、半回転ずらして回すの2通り。3x2で6通り。

初めてだとうまくできない動作もありますが、何度か繰り返して出来るようになっていくと、達成感があります。

内外半回転ずらしができるようになると、カッコよさがアップした気がします(笑)

無限コンボへ

格闘技ゲームには、技を連続で出してつなげる「コンボ」というのがありますが、インディアンクラブでもそれができます。

いくつか動作を覚えたら、それらをつなぐようにノンストップで回し続けます。回転方向を変えるにも、単に腕を止めて逆に回し始めるだけでなく、つなぎ技的な動きがあります。

最終的に無限コンボができるようになると、エアロビ効果もありそうです。

というわけで

上の動画は、おそらくクラブジャグリングのアイソレーションという動きを取り入れている?とりあえずは、この辺りができるように、振り回し続けてみます。

筋トレを続かなかった人、やってみませんか?

※インディアンクラブが楽しいと思っている、トレーニング初心者が書いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする