グランドカバー観察日記 その10 (クラピアK5、ダイカンドラ)

クラピアを2ポットだけ買って、増えた分を株分けするという、ケチケチ栽培の記録。

前の日記

12月に入って、最低気温が0℃になる日もちらほら。

クラピアもどんどん枯れてきた。

スポンサーリンク

12月9日

地植えクラピア


茶色というより、赤っぽく枯れてきた。

冬枯れするという事は、予めわかっていて植えたけど、生き生きした緑だったクラピアが赤茶色になっていくのは、なんとなく寂しい。


寄ってみるとこんな感じ。…全体が均一に赤くなるなら、それはそれでありかも?

ポット植えクラピア


地植えより冬枯れが遅かったポット植えも、一部赤くなり始めた。

よく考えると、地植えよりポットの方が日当たりがいい。その辺りが、冬枯れのタイミングがずれている原因かも?

ダイカンドラ


冬枯れするという情報を見たが、この寒さでも、この緑っぷり。

ダイカンドラは、たまたま種売り場で見つけて買ってみたけど、予想以上に良いグランドカバーかも。

というわけで

ダイカンドラの緑葉種は日陰向き、銀葉種は日向向きらしい。

来年はダイカンドラも、もう少し増やしてみよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. LcdDam より:

    グランドカバー観察日記の記事を毎回楽しみにしています。
    クラピアも冬枯れてだいぶ赤くなってしまいましたね、我が家のクラピアも同様です、ここ数日の寒波の影響で、現在は雪の下になってしまいましたが。
    それにしてもダイカンドラの緑の濃さには驚きました、私は植えたことがないのですが、興味津々ですね、これからも観察日記を楽しみにしています。
    参考になるクラピア記事をシェアさせて下さい。

    • ケロ より:

      コメント・シェア、ありがとうございます!

      こちらは雪が積もることがほとんど無いので、冬の間は茶色いクラピアを見る事になりそうです。

      観察日記の最初の方に「緑の絨毯を目指す」て書いたんですけど、
      LcdDamさんのブログに載っている、クラピアを上から俯瞰した写真を見て
      「こんな風にしたい」と思ったからなんです。
      今後も、ブログを参考にさせてもらいます!