英訳歌詞の曲当てゲームで、楽しみながら英語力アップ!

元ネタは「さくら通信」というポッドキャストラジオの「第175回放送 すぐ話すチャレンジシリーズ」という回で、やっていたゲーム。

スポンサーリンク

問題!

******** **********
The sky in March
As far as I can see
Haze or clouds?
To be fragrant
here we go
here we go
Let's go to see

この曲は何?

1フレーズ目はもろに答えがわかるので、伏せ字で。

さくら通信とは

「さくら通信」は、6流作家さくら剛と、変態メディアクリエイターであるトリカゴ放送の山本さんが、当初毎週月曜日に、今は不定期にバカバカしい変態話をお届けするネットラジオです。

公式サイトより

さくらさんが、世の中の常識に尖すぎるツッコミを入れたり、フィクションに大人げない現実的なツッコミを入れたり、いろんな国へ旅行した時の話をしたり。

山本さんが、聞き役でツッコミ入れたり、脱線したり。

僕は二人と同世代なので、子供時代の話とか共感出来すぎる。車で通勤するときに聞いているけど、思わず声を出して笑ってしまう事も。

英語の歌詞で曲当てゲームのルール

番組内でやっていたのは以下のルール。

  • 出題者は、みんなが知っているような日本語の歌を選ぶ。その場で歌詞を英語に訳し、メロディをつけずに朗読する。(日本語の歌詞は調べてOK、英単語を調べるのはNG)
  • 回答者は、その歌詞を聞きながら、なんの曲か当てる。

特別ルールとして

  • 元の歌詞で英語の部分は、逆に日本語に訳す。
  • 英単語がわからない場合は、日本語を使ってOK(回答者とってはヒントが増える)

というもの。

ただ、出演者2人ともバックパッカー経験があり、英語ができるのでゲームが成り立っていたが、「学校で習っただけ」「洋画は字幕派」程度な英語力の僕には、出題者ターンのハードルが高すぎる。

Google翻訳の力を借りよう

Google翻訳は、訳す、読み上げる、という2つの機能があり、組み合わせることで、段階を経て難易度をアップできる。

Level 1: Google 翻訳で訳す、Google 翻訳で読み上げる

歌詞をそのまま左側の枠に入力。右側の再生ボタンをクリック。

Level 2: Google 翻訳で訳す、自分で読み上げる

自分で喋った後に、Googleでも読み上げて、発音のチェックも可能。

Level 3: 自分で訳す、Google翻訳で読み上げる

自分で訳した内容を左側の枠に英語で入力。左側の再生ボタンで読み上げ。

右側に訳が出るので、内容が合っているかのチェックもできる。

慣れていないと出題に時間がかかる思われる。最初のうちは、その曲を特定しやすいサビのワンセンテンスだけでもいいかも?

Level 4: 自分で訳す、自分で読み上げる

というわけで

これらの段階を経ていけば、最終的には、さくら通信の二人のように、バックパックだけで世界を旅できるようになる?

上の問題の答えは、「さくら さくら」。この曲は、歌詞が古文なので、二重に翻訳が必要。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする