壁を黒板塗料で塗ろうと思うので塗料を比較。初心者はコレ一択でしょ。

玄関横の壁に黒板塗料をDIYで塗ろうと思うわけです。広さは15㎡ぐらい、素材はベニヤ板?コンパネ?多孔ボード的に穴が開いている壁に。

子どもが絵を描いて遊んだり、
出かけるときに忘れてはいけないものをメモしたり、
家族間の伝言板にしたりしたくて。

初めてなので、いろいろ調べてみました。

スポンサーリンク

結論からいうと

  • 養生が簡単そうな、ペンキ
  • シンナーで薄める必要がなく、嫌な匂いがほとんど無い、水性塗料
  • 希釈せずに使えてコスパも良い

という理由で、COLORWORKSのKAKERU PAINT を使う事にしました。

黒板塗料とは

塗るだけでそこが黒板になってチョークで書けるようになる塗料の事。チョークボードペイントとも。種類は大きく分けて油性と水性があり、塗り方は刷毛、ローラー、スプレーがある。

油性と水性の違い

水性の方が初心者には扱いやすそう

油性水性
 乾燥時間 長い 短い
 耐久性 高い。
卓球台の塗装にも使われている
 長く使っていると剥がれてくる
 薄め液 シンナー 水
 臭い シンナー臭 ほとんどなし
 チョークの消し方 乾拭き 水拭き
 色の種類 黒、緑 豊富(7~20種類)

塗装方法の違い

初心者はローラー一択か。

初心者はコテバケかローラーが良さそうです。

刷毛ローラースプレーコテバケ
 難易度
きれいに塗るには熟練を要す

比較的容易

対象物との距離・角度が重要

比較的容易
 スピード 低 中 高
 塗装の密着 高 中 低
しっかり下地処理をした方がよい
 養生の必要性 低
ローラーの回転でしぶく

飛散するので広範囲に必要
 塗料の有効利用 高
ローラーの回転でしぶく
 中
空気中に飛散
 凸凹への塗りやすさ 高 低 低
塗料が直線的に飛ぶため

商品比較

色々な商品があるようなので、まとめてみました。

価格は、2016/10/18にgoogleで検索して、最初の方に出てきたページのもの。最安値という訳ではないです。税抜き。

面積が「8~12」のようになっている商品は、中間の面積(この場合は10)で価格/㎡を計算してます。

ペンキ

商品名タイプ容量価格面積(㎡)価格/㎡
 KAKERU PAINT水性3.8 7 12,800 20  640
イマジン チョークボードペイント水性 2.0 20 9,000 8~12 900
ターナー チョークボードペイント水性 4.0 12 13,600 16~23 680
ベンジャミンムーア
チョークボードペイント
水性0.6 34,300 5 860
 ECOS
オーガニックチョークボードペイント
水性 1.025 12,000 6.5 1,846
 EFチョークボードペイントプラス水性4.0 15 22,000 15~20 1,222
タカラ塗料 チョークボードペイント水性 4.0 13 15,800 12 1,316
 EF黒板ペイント油性 4.0 2 6,400 12~17 426

スプレー

商品名タイプ容量価格面積(㎡)価格/㎡
大同塗料
トバンゾール
 油性 300 848 1 848
 サンデーペイント
黒板用スプレー
 油性? 300 728 1 700
 シントーファミリー
黒板用スプレー
 油性 300 1270  1.1~1.5 976

壁紙

商品名サイズ価格面積(㎡)価格/㎡
 Ueasy
剥がせる黒板
 2000*450 1036 0.9 1151
 YESURPRISE
ブラックボード ウォールペーパー シール
 2000*600 944 1.2 786

というわけで

初めてなので、「簡単にできる」を重視
屋内の壁に塗るので、養生が簡単そうなペンキ
シンナーで薄める必要がなく嫌なニオイがしない水性塗料
塗料は希釈せずに使えてコスパも良いKAKERU PAINT
でやってみます。

塗ったら、また報告します。

追記

塗り方も調べてみた。
コテバケという刷毛とローラーのいいとこどりな道具があるらしいのでそっちを使う事に。

塗ってみた。

COLORWORKSホームページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする