VBオジサンが Alexa Skill 開発をやってみる その1

Echo Dot が届いた。

買った理由の一つは、スキルの開発をしてみたかったから。

3月中にスキルを公開すれば、Tシャツをもらえるらしい。目指してみるか…。

期限まで、あと8日。

スポンサーリンク

情報収集

とりあえず「alexa skill 開発」で検索

Amazon 公式 Alexaスキル開発トレーニングシリーズ

全6回+番外編。各回ごとに説明動画、1~5回はサンプルあり。

@IT はじめてのAlexaスキル開発

2018年3月時点で2回。

第1回が2018年03月02日公開で比較的新しい。

その他

Storylineというコーディングなしでスキル開発できるサービスもあるらしい。

@IT はじめてのAlexaスキル開発

とりあえず、@ITの記事を試してみる。

ちょっとだけひっかかったのは以下。

ARNのコピーミス

症状

スキル開発の「設定」タブで、エンドポイントを入力して保存すると、

Error:Invalid ARN for NA region. Please provide a valid ARN in the form ~

原因と対策

ARNの間違い。

lambdaの未登録

症状

上と同じ画面で、正しいARNを入力して保存すると、

Error: Please make sure that “Alexa Skills Kit” is selected for the event source type of arn:aws:lambda:ap-~

原因と対策

@ITの記事には「なお、この時点では関数の保存ができないので、タブは開いたままにして放置しておくか、一度[スキルID検証]を[無効]にして保存して、後から設定し直すようにする」とあったので、lambdaを保存せずに次に進んでいた。一度Lambdaを保存すると、スキルも正常に保存できた。

関数コードの保存忘れ

症状

スキル開発の「テスト」タブで、サービスシミュレーターを実行すると

The remote endpoint could not be called, or the response it returned was invalid.

原因と対策

lambdaの関数コード画面で、サンプルソースをコピペした後に保存していなかった。

というわけで

とりあえず、@ITの第1回はできたので、次はAmazon公式チュートリアルを進めていこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする