「すべては「前向き質問」でうまくいく」の「選択の地図」の壁紙をつくってみた

「学ぶ人の質問」を常に意識できるように、「選択の地図」の壁紙をつくってみました。

本の概要

すべては「前向き質問」でうまくいく
created by Rinker

人は、1日にたくさんの決断をしていて、それは無意識に質問→回答という形をとっている。

「今日は、どのネクタイにしよう?」

「会議の予定がある。インパクトを与えられる赤いにしよう!」

質問を設定した時点で、回答の範囲が決まってしまう。

問題が起こったときに

「誰のせいでこうなった?」(批判する人の質問)

「今できることは何?」(学ぶ人の質問)

どういう質問をするかで、決断、行動、結果が違ってくる。

良い決断をするには、学習者の質問をする癖をつける。

ただ、人間どうしても「批判する人の質問」をしてしまうこともある。しかし、それを「学ぶ人の質問」にスイッチする方法もある。

選択の地図

というような事を図に表したのが、58,59ページに載っている選択の地図。

パソコンを開いたら、いつでも目に入るように壁紙をつくってみました。

スポンサーリンク