フレームバッグを買おうと思うので、どんな商品があるかいろいろ調べてみた

自転車に乗るときは、携帯工具やロック、荷物などを入れたバックパックを背負ってます。でも、背中が蒸れるので別の検討してみました。

自転車にまたがったままでも中身の出し入れが簡単そうな、フレームバッグが良さそうです。流行っているし(これが大きな理由)

どんな商品があるか調べてみました。

スポンサーリンク

要件

サイズ

取り付ける自転車は、Felt VR40の51サイズ。実際にフレーム内側を測ってみると

トップチューブ44cm
ヘッドチューブ1cm
シートチューブ36cm
高さ5センチ取れる所から
シートチューブまで
41cm
トップチューブのヘッド側とシート側の差約10cm

容量

ツーリングに行く時に、携帯ポンプや工具、ちょっとしたお土産も入れられる容量。

お茶のペットボトルぐらいあると、いろいろ入りそうなので2リットル以上。

ベルト

Felt VRは、トップチューブにダボ穴があり、ストレージボックスを取り付けられます。いずれトップチューブバッグも使いたいので、トップチューブ固定用ベルトあまり幅広いと、ダボ穴を塞いでしまうのでパス。

できれば、ベルトの位置を変更できると尚良。

形状

スローピングフレームなので、長方形のタイプだと入れた荷物が後ろに偏る?

MTBでよく見かける台形?三角形?タイプの方がいい?

防水

基本的に雨の日は走らないつもりなので、防水は、あれば尚良しぐらい。

候補

※サイズは長さ×高さ×幅。

Apidura / フレームパック ロード スモール

サイズ430 × 120 × 60 mm
容量3L
重量?
価格 ¥9,980 (税込)

Apidura / ドライフレームパック スモール

サイズ420 × 145 × 59 mm
容量3L
重量145g
価格¥12,500 (税込)

あさひ / フレームバッグ トップチューブ用バッグ

サイズ440 × ? × ? mm
容量3L
重量?g
価格¥7,280こみ

ミニベロ用?よく見かけるフレームバッグとは逆で前の方低く、後ろにいくほど高くなっている。ダウンチューブのボトルと干渉しにくそう。

固定用ベルトの位置を調整可能なので、いろんな形状のフレームに対応できそう。

Blackburn / アウトポスト フレームバッグ M

サイズ420 × 160 × 65 mm
容量5.8L
重量380g
価格8,400(税抜)

下部のファスナーを開ける事で、容量を増やすことができる。

ドッペルギャンガー / メガマウスフレームバッグ

サイズ400 × 140(拡張時240) × 50 mm
容量2.5L(拡張時3.5L)
重量280g
価格5,400

下部のファスナーを開ける事で、容量を増やすことができる。

開口部を大きく開くことができる。

fairweather / フレームバッグ

サイズ405 × 160 × 55 mm
容量3.5L
重量160g
価格¥7,776 (税込)

fairweather / フレームバッグ ハーフ

サイズ405 × 160 × 55 mm
容量2L
重量160g
価格¥8,640 (税込)

giant / SCOUT FRAME BAG S

サイズ380 x 150 x 85 mm
容量4.2L
重量 240g
価格¥5,000 (税抜価格)

横幅が結構ある。

Ortlieb/ フレームパック

サイズ500 x 130 x 60 mm
容量4L
重量170g
価格14,169円(税込)

かっこいいけど、長さオーバー。

R250 / フレームインナーバッグ

サイズ430 x 100 x 55
容量?
重量160g
価格(税込) 4,860円

サドル側に緩やかに細くなっていく。

RESTRAP / フレームバッグ M

サイズ400 x 125(末端68)× 60mm
容量?
重量?
価格 ¥ 7,344  (税込)

REVELATE DESIGNS / タングルバッグ s

サイズ440 × 110 × 60 mm
容量?
重量?
価格¥15,799 (税込)

TOPEAK / ミッドローダー S フレームバッグ

サイズ 375 x 120
容量3リットル
重量?
価格 ¥4,400 + 税

というわけで

R250が安くて良さそうだけと、長さがギリギリ。

サイズも合いそうだし、あまり買っている人もいないようなので、RESTRAPにしてみようと思います。

*結局、rhinowalkというメーカーの防水バッグを購入しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする