AWSリザーブドインスタンス購入で $4,000 を失ったかと思った話

スポンサーリンク

経緯

先月

会社のサーバ管理業務で12ヶ月のリザーブドインスタンスを購入。

半分前払いで価格は約 $4,000。

一昨日

別件でAWS Consoleを開くと…


「あれ?リザーブドインスタンスが “retired” になっている?」


12ヶ月のを購入したはずなのに期間を確認すると、開始 10月7日 終了 11月1日。何故?


請求書画面も確認、確かに$4,000を払っている。このままだと大金を払ってリザーブドインスタンスを買ったのに、$4,000払い損してしまう。上司に報告か…いや、状況をきちん確認してから。

何か知らない条件や設定がある?ネットで調べても、該当する症状が見つけられない。

他のリザーブドインスタンスも更新する予定だったが、同じ症状になっても困るのでAWSに問い合わせる。

回答は…

「Amazon Web Services Account Alert – Payment Failure」というメールでご連絡を差し上げております通り、 ご購入時にクレジットカードでの決済が失敗しておりました。また、その後決済の確認が取れないまま一定期間を経過したため あいにくご購入自体がキャンセルとなり、該当のリザーブドインスタンスはretiredのステータスとなっております。

(略)

誠に申し訳ございませんが、リザーブドインスタンスにつきましてはご購入いただきました月(今回の場合10月)の下旬になっても お支払いが確認できない場合、お申込み自体が自動的にキャンセルとなり、

メールも確かに受信してました。

Amazon Web Services Account Alert – Payment Failure

Greetings from Amazon Web Services,

AWS was unable to process your recent charge based on the payment information you provided. Please visit the AWS Billing Console page to update your Payment Method:

いえいえ、こちらの方こそ、誠に申し訳ございません m(_ _)m

決済枠不足 + AWSからの連絡メール見逃し、という二重チョンボ(汗)

というわけで

リザーブドインスタンスが1ヶ月ぐらいで “retired” になっていたら、クレジットカードが引き落としできなかったと思え!

というか、その前に、

AWSからのメールは、きちんと目を通せ!

というか、その前に、

クレジットカードのご利用は計画的に!

でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする