河原BBQに持っていくものリストと、おすすめアイテム

2年続けて、穴吹川でBBQ。

来年も、また行くつもりだけど
「去年、何を持っていったっけ?」で、悩むのもアレなんで持ち物リストを作ってみました。あと、おすすめアイテムの説明も。

スポンサーリンク

河原BBQ持ち物リスト

設営

ロースタイル。アウトドア用のハイテーブルとハイチェアを持っていない、という理由で。

  • タープ
  • ペグ
  • ハンマー
  • 土嚢袋
  • ローテーブル
  • ちゃぶ台
  • 折りたたみ椅子
  • レジャーシート
  • 簡易ポップアップテント
タープ

雰囲気重視でヘキサタープ。

メインポールがX字になって2本足で立つ。なのでメインポールのロープは1本でOK。
X字を大きく広げると低く、狭く広げると高く、高さの調節が簡単。

初心者にはありがたい。

土嚢袋

河原の場合ペグを挿しにくいので、土嚢袋に石を詰めてペグ代わりにする。
今回は、程よい大きさの石が転がっていたので、それを使用。

ローテーブル

軽いし、簡単に組み立てられる。
アルミ製なので火の近くでも安心。

地面が平らでないと、何かの拍子に脚が折りたたまれてしまう事が。

折り畳みイス

やっぱり、木製のアウトドア用品は雰囲気出る。
座面、背もたれは布で連結されているので、木製だけど硬さを感じさせない座り心地。

自立できないので、自分が立ち上がるとパタンを閉じてしまう。
次に座る時チョトだけメンドウ。

レジャーシート
折りたたんで、マジックテープで留めて、取っ手を持って運べる。
2m × 2m と広さも十分、重量も軽い。
裏面は防水加工。
表面はフェルトっぽいので、汗ばんだ素肌で触れても、ベタつかず快適。

食事

  • クーラーバッグ
  • 保冷剤
  • 皿、コップ、割り箸
  • バーベキューコンロ
  • 火ばさみ
  • ライター
  • 軍手
  • ウッドガスストーブ
  • トング
  • 肉、野菜
  • 焼肉のタレ
  • 鉄板
  • サラダ油
  • 焼きそば
  • おにぎり
  • 飲み物
クーラーボックス
中身がない時は、コンパクトに折りたためる。
小さい取り出し口がついていて、全部開けてしまわなくても素早く取り出せて便利。
バーベキューコンロ
コンパクト。折りたたんだ脚と網が炉の中に収まる。
炉と網を45度ずらして設置するので、隙間から炭を補充しやすい。
網の角に食材を置けば、弱火で調理できる。
がっしり。分厚い焼きそば用鉄板を置いても安定。
ウッドガスストーブ

底に空気穴が空いているので、チャコスタ(炭の火起こし器)として使用。

  1. 五徳を外して、本体に炭を入れる。
  2. コンロの上に置いた着火剤に火を付けて、その上にストーブをかぶせる。
  3. 10分ぐらい待つ。

サイズが小さいので、3回ぐらいに分けて着火。結局30分ぐらいかかったが、うちわで扇がなくていいので、その間に他の作業ができる。

今回は、100均の18分ぐらい燃えるという着火剤を使ったが、煙突効果ゆえか10分ぐらいで燃え尽きた。

水遊び

  • 水着
  • 水中メガネ
  • ラッシュガード
  • ライフジャケット
  • ウォーターシューズ
  • 浮き輪
  • ボディーボード
  • 水鉄砲
  • 箱メガネ
箱メガネ

今回の個人的ヒット商品。

うまく言えないけど、光が乱反射して見えにくい水面に箱メガネを近づけていって、水面に着いた瞬間、水中が鮮明に映し出される。曇った窓ガラスを拭いたら外の風景が見えるような、砂嵐のテレビのチューニングが合ったような(例えが古い(汗))。

まだ水中に潜れない小さい子どもでも、魚の観察ができる。3歳の娘は、ひとりでずっと飽きずに魚の観察してた。

3歳の娘だけでなく、小学生の甥姪、更には大人も楽めた。

あと、バケツ代わりにも使える(笑)

その他

  • 着替え
  • ラップタオル(着替えタオル)
  • 日焼け止め
  • 虫除け
  • かゆみ止め
虫除け

娘も僕も肌が荒れやすいので、オーガニックなヤツを使用。

クリーム(ペースト)状なので、スプレーよりも汗で落ちにくい。
スティックのりの様に使えるので、塗る時手が汚れない。

他に、缶(ニベアっぽい缶)とスプレーも有るみたい。

次回持っていきたいもの

  • 防水デジカメ
  • 魚取り網

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする